記事一覧

緊急市民フォーラムを開催しました

6月13日(月)
 11日に松戸市民会館で「松戸市に放射線が及ぼす影響について」という緊急市民フォーラムを開きました。土曜日の夕方という時間帯ではありましたが、100人近い市民が参加してくれました。松戸市は放射線が高いホットスポットになっているなどとネット上で話題になっていることもあり、特に小さなお子さんを持ったお母さんたちが参加してくれました。
 講師には、放射線医学研究所の放射線防護研究センター規制科学研究プログラムリーダーである米原英典さんにお願いし、松戸市役所からもどのように数値を計っているのか、放射線量の推移についてなど説明を受けました。米原先生の話は放射線とは何かから始まり、放射線が人体に与える影響、放射線から身を守る方法などについてお話を頂きました。
 講演の後、質問を受けましたが、たくさん質問が来て、時間が大幅に超過してしまいました。最大の関心事は、松戸で計測されている1時間当たり0.2μシーベルトから0.6μシーベルトという数値が、人体に影響を及ぼすものかどうかという点でした。
 米原先生は、広島・長崎の原爆被害者のその後の癌にかかる率などから換算して、それほど心配する数値ではない、という説明をしてくれました。もちろん、放射線は浴びないに越したことはないので、小まめに手を洗うなど防護措置をとったほうがいいという話もして頂きました。
 フォーラム終了後に、皆さんのアンケートを読ませて頂きましたが、今日の話を聞いて少し安心したという方から、まだ話を聞いても不安は解消しないという方まで様々でした。特に小さいお子さんをもつ親御さんは、少しでも不安があるなら、公園や学校など放射能除去の作業をしてほしいという要望も出されました。
 行政としてもどこまでやるべきなのか、難しい判断だと思いますが、話を聞いて、現状ならそれほど過剰に心配する必要はないのではないか、と私は感じました。

ファイル 380-1.jpg ファイル 380-2.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー