記事一覧

総裁選挙で浮かれている場合ではない

9月18日(火)
 自民党の総裁選挙が始まりました。マスコミは無批判にこれを取り上げ、大騒ぎしています。しかし、臨時国会を召集し、たった一日で職場放棄してしまった総理を選んだ政党に、本当にこのまま政権を任せていいのかという論調は全くありません。
 総理の資質を全く欠いていたことが明らかになった総理を一番身近で支えたのが麻生さんです。福田さんは前回、その安倍さんと戦おうともせず逃げてしまった人です。どちらも次の総理大臣になる資格はないと思うのですが、そこをつくマスコミはありません。
 安倍さんと福田さんに北朝鮮政策はどうするとか、消費税はどうするとか質問していること自体がおかしい。本来であれば、国会で民主党と自民党との間で交わされるべき論争を自民党内で行っている、そのことをおかしいと思わない日本のマスコミの衰弱ぶりにも驚かされます。
 しかもそれを臨時国会を開催して行っている。自民党に政権を担当する能力がなくなっていることは安倍さんを総理に選んだことで証明されました。自民党がやるべきことは次の総裁を選ぶことではなく、民意にしたがって民主党に政権を渡すことです。それが嫌なら、速やかに選挙管理内閣を作って衆議院を解散することです。
 政治空白を作った責任もとらずに、次期総裁を選び、その人が日本の舵を取れば、どんな結果が出るのか、誰でも想像できると思います。国会で論戦ができない間はしっかりとマスコミがその役割を果たさなければいけないのに、いまのマスコミはその使命を果たすことができません。自民党、マスコミ両者とも情けない状態です。
 今日、前述のような発言をしながら、松戸駅で早朝演説をしました。松戸駅はあまり新聞を取ってくれない駅ですが、今日は恐らく、私が駅立ちを始めて10年以上になりますが、最高の率で、新聞を受け取ってもらいました。国民の怒りがいかに強いかを示しています。マスコミはダメですが、国民はしっかりしていると安心しました。

ファイル 38-1.jpg松戸駅での朝立ち

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー