記事一覧

放射能の検査数値について

5月17日(火)
 15日の日曜日に久しぶりに市民フォーラムを開きました。統一地方選挙があったり、大震災があったりして開催が延びてしまいました。
 たくさんの方が参加してくれました。とりわけ関心が高かったのが、放射能汚染についてでした。ネット上では常磐線沿線の放射能値が高いと言われています。千葉県で採れた野菜を食べていいのかとか、子供を屋外で遊ばせていいのかなど、市民の皆様が様々な不安を抱いているのがわかりました。
 これ以外にも私のところに千葉県の放射能数値が市原市のものだけで、他の市の数値が発表されていないことに不満が寄せられていました。本郷谷松戸市長には、この旨話をしました。市長の方でもすぐに反応してくれ、既に放射能測定器を購入して、どのように計ったら最も客観的な数値が出るのかの検討をしているとのことです。
 また、市川市でも測定器を既に予約済みで、近々、入手するとのことでした。大久保市長は生の数値をそのまま公表すると、誤解を受ける恐れもあるので、数値のトレンドをみて、上昇傾向が続くというような場合には直ちに市民に知らせる体制をとりたいと話していました。
 昨日の予算委員会の集中審議を聞いていても、同じ数値でも危険だという専門家もいれば、全く心配ないという専門家もいるといった具合で、素人には数値だけを見たのでは判断のしようがありません。
 先週には足柄茶が出荷停止となりましたが、テレビで専門家が、この程度の数値なら全く心配ないと話していました。全く心配ないのならどうして出荷停止にしなければならないのか、全く理解できません。
 この話を福島消費者庁長官が来た時にしました。これでは消費者は戸惑うばかりだ、何とか消費者庁の方でして欲しいということを頼んでおきました。しかし、福島長官も自分は放射能の専門家ではないので、どういう発表をしたら最も消費者が安心できるのか検討してみるとしか答えようがありませんでした。
 放射能は目に見えるわけではありません。また、すぐに体に影響がでるものでもありません。10年、20年後になって、子供たちに悪影響がでることがあったら大変と、皆さん心配しています。政府が発表する見解を信用するかどうかは政府が信用されているかどうかにかかっています。
 今日の夕方には福島原子力発電所の処理の工程票が再度発表されます。昨日の政府答弁では9ヶ月で冷温状態で安定させるという予定を変えないということでした。しかし、1号機はメルトダウンしているのが明らかになり、2,3号機も同様の事態になっていることが明らかになったのに、工程表を変えないのはおかしいと誰でも思うはずです。
 いま必要なのは安易な楽観主義ではなく、正確な情報をだすことが一番だと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー