記事一覧

西サハラ難民亡命政府全権大使来日

5月12日(木)
 私は「民主党西サハラ問題を考える議員連盟」の会長をしている関係で昨日、来日した西サハラ難民亡命政府のモハンマド・ベイサット大使と議連の皆様と会談を致しました。
 西サハラというとご存じない方が多いと思います(かくいう私も、会長をするまで詳しくは知りませんでした)が、アフリカで唯一残された殖民地と言われている地域です。
 モロッコとアルジェリアに挟まれたアフリカ西海岸に面した国(地域)で、かなり前からモロッコと独立を巡って争っている国(地域)です。1991年9月に国連が独立を求めるかどうかを決める住民投票をするよう決議をし、92年には実施される予定になっていましたが、最後にモロッコの反対にあり、現在に至るまで住民投票が実施されずに、多くの難民が西サハラに残されたままになっています。
 アフリカではいま、エジプト、リビアと自由化を求める動きが大きくなっています。ベイサット大使によると昨年11月に難民キャンプで起こったデモがこれら一連の民主化闘争の起爆剤になったということでした。
 大使の来日は初めてで、日本として是非、西サハラの独立を支持してほしいと訴えています。今年の4月29日には西サハラを巡って安保理の決議がなされています。
 それによると国連監視の住民投票なくして、この問題は解決しない。西サハラの人権問題に配慮する。西サハラの資源についてモロッコと西サハラが協議をする、等が決議されたそうです。
 大使は日本に対して、国連の投票で西サハラを支持してほしい、人権問題として取り上げてほしい、難民支援をして欲しい、また独立を確保した後には経済的支援、漁業支援、新しい国づくりの支援をして欲しいと訴えていました。
 日本の公式の立場は国連で正式に認められていない国だから、日本も認められないという立場です。したがって、私たちの議連も、問題を考える会という名称になっています。
 アフリカ問題は古くから関係が深いヨーロッパ諸国と、米国、それに近年凄まじい勢いで勢力を拡大している中国など大国の利害が絡み合い、すっきり問題が解決しない地域となっています。
 中東同様、日本は直接の利害関係がないだけに、アフリカ諸国の期待は大きいものがあります。大使も日本が大震災に見舞われて大変な時期に来ることを躊躇したときもあったが、訪問によって痛みを分かち合うことが大事だと訪日を決意したそうです。
 問題の本質が何なのか、今は分りませんが、夏に時間があったら是非、西サハラを訪ねてみたいと思っています。

ファイル 374-1.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー