記事一覧

三陸は再生する

4月17日(日)
 昨日(16日)一昨日(15日)と二日間かけて岩手県に支援物資を持っていきました。前回3月19日に相馬市と南相馬市に行った時には東日本大震災の復興支援をする議連の仲間と一緒にトラックとバスで行きましたが、今回は支援物資は車で、私は平岡総務副大臣と一緒に別行動で行きました。
 花巻飛行場からミニバスでまず宮古市にあるグリーンピア三陸みやこに行き、伊達勝身岩泉町長、上机莞冶田野畑村長、宮古市から状況について説明を受けました。
 岩泉町長からは「予算を早く執行してほしい」という要望が、また田野畑村長からは「復旧策がマスコミから報道されるが、具体的にどうするかという案がない、国からの補助金で作った施設が津波でやられ借金だけが残ってしまった、漁民は漁具も漁船もなくなってしまった、これでは生活のしようがない」という切実な訴えを聞きました。
 グリーンピア三陸は体育館とホテルがあり、両方とも被災者の避難場所となっていました。ホテルには高齢者や小さい子どもがいる家庭、体育館にはそれ以外の方が収容されていました。この施設は水道、電気などのインフラが復旧しており、比較的恵まれた環境にありました。
 既に多くの方が親戚や友人宅などに移転し、3分の1くらいになったということで、体育館の中は通路も広くとれ余裕がありました。しかし、一ヶ月以上も避難生活が続いているということもあって、施設的には恵まれているとはいえ、被災者の顔には疲労の色が濃くでていました。
 施設の中の運動場では仮設住宅の建設が急ピッチで行われておりました。1DK、2DK、3DKの三タイプの部屋が用意され2年間は無料で住めるということで既に募集を開始したとのことでした。出来るだけ地区の人をまとめて入居してもらうように配慮するとのことでした。
 グリーンピアから宮古市内に行きました。宮古市は津波で約1700人の死者・行方不明者がでました。一ヶ月経って道路はほぼ通行可能になっていましたが、三陸鉄道は線路自体がなくなっているところもあり、まだ復旧に何の手もつけられておらず、復旧までにはかなりの時間がかかることが予想されました。
 瓦礫の撤去はかなり進んで、陸に乗り上げた船などはほとんど撤去されたということでしたが、まだまだ瓦礫の量は多く、瓦礫を撤去するだけであと数ヶ月はかかるのではないかと思われました。風で砂塵が巻き上げられ街全体がやや埃でぼやけているという感じがしました。
 次に津波と火災で壊滅的な打撃を受けた山田町に向かいました。町役場から街を見ると戦争で爆撃にあった街を見るような光景でした。ただ、先月に相馬市に行ったときは被災現場にほとんど人がいませんでしたが、今回は人も車も通っているのが一ヶ月たったんだなということを感じさせました。
 次いで大槌町に向かいました。この町では町長さんが震災の対策会議を開いている時に津波に襲われ亡くなってしまい、残った幹部で懸命の復旧作業を続けていました。町庁舎もなくなってしまったため、高台にあった中央公民館が仮庁舎になっていました。
 夜になってから遠野市に行き本田敏秋市長に話を聞きました。遠野市は沿岸からかなり入った内陸地にありますので、後方支援基地として大きな役割を果たしているということでした。静岡市から応援の職員の方も着ており、支援部隊の指令基地の役割を積極的に果たしていました。
 翌日は早朝に釜石市に行きました。まず市内の野球場に完成した仮設住宅を見て、その後、野田武則市長に会いました。野田市長からは「企業は負債、個人はローンを抱えている。マイナスからのスタートは難しい、せめてゼロからのスタートにするために国が補助をしてほし」という訴えを受けました。
 釜石は新日鉄の工場があります。私も以前、高炉が廃止されるということで取材に来たことがありました。新日鉄の工場自体は水を被っただけで大きな被害は受けなかったそうですが、モノをつくるための資材を搬入する港湾施設や荷受施設がだめになって、今は、残った材料で工場を再開させる準備をしているとの話でした。
 前日の夜に支援物資を東京から持ってきたスタッフと合流したので、市長に支援物資をわたしました。前回は市民の皆様から頂いた下着や防寒具、パンなどを届けましたが、今回は友人の化粧品会社社長に頼みまして化粧水やマスクなどのセットをお届けしました。
釜石市の商店街は建物は残っていましたが、中は瓦礫の山と化していました。以前、選挙の応援で商店街で演説をしましたが、そのとき聞いてくれた商店主たちは無事だったろうかと思わずにはいれませんでした。
 その後、釜石港に向かいました。ここにはギネスブックにも登録された海底からの最大の高さが63メートルもある防波堤が築かれていました。総工費1200億円かけて完成したこの防波堤があるから安心だと考えていた市民もいたと聞きましたが、大津波はこの防波堤を楽々と越え港に押し寄せました。
 岸壁に巨大な船が打ち上げられたままの状態で放置されていました。そんな中海上保安庁の職員が船の通行を確保するため泳いで灯台の火をともしにいったという話を聞きました。自衛隊の隊員、警察官、消防職員、市や町の職員、医療などのボランティアスタッフの懸命な努力があって、一歩ずつ復旧しているのが分かりました。
 ついで大船渡市に向かいました。戸田公明市長は大手建設会社出身でまさに市の復興時に最適の市長がいたという感じでした。市長からは6月を目標に魚市場を再開させるために、懸命の努力をしているという話を伺いました。
 大船渡市は市街地はあまり大きな被害を受けませんでした。したがって、市内では普通の市民生活が営まれており、道路を曲がって港の方面に入った途端に津波に打ちのめされた光景が広がり、その落差に愕然といたしました。
 最後に陸前高田市に行きました。文字通り何にも無くなっていました。ほぼ豊島区全域の市街地が津波によって壊滅したということです。市役所を含めた鉄筋の建物の躯体がいくつか残っているだけで、あとは瓦礫の山。
 まだ多数の行方不明者が瓦礫の下にいるということで、慎重な復旧作業が進められており、道路だけは確保されたものの、あまり人も車も見かけませんでした。戸羽太市長は「復興計画も描いていることはいますが、行方不明者の捜索を何よりも優先しなければなりません」と語ってくれました。御自身も奥さんを亡くすという悲劇の中、懸命に市民のために努力をされている姿に胸を打たれました。
 学校給食センターが仮庁舎になっており、市長以下スタッフも全員、ここに住み込んで復旧に当たっているとのことでした。その後市庁舎に案内をしてくれました。以下は案内してくれた菊池満夫企画部長の話です。
 「3階の市長の部屋にいました。30分もしないうちに津波が押し寄せ4階に避難、そこもダメで、屋上へと避難しました。2階にいた防災担当者は全員亡くなりました。津波が去った後街を見たら、何にも無くなっており、市は全滅だと思いました。
 真っ暗の屋上でラジオを聴いていたら『陸前高田市は連絡が取れず心配です』というニュースが流れていました。連絡しようにも連絡の方法がありませんでした。そのときに家族もダメと諦めましたが、三日後に業務で避難所を回っている時に妻と会い、無事が確認できました」
 部長の名刺には海水浴場として県民に親しまれた高田松原の写真が載っていました。いまその松原は一本の松の幹を残すのみで全てなくなり、陸地そのものもほとんど流出、そして陥没し、道路が波に晒されるという惨状になっていました。振り返ればすべてが灰燼と帰しており、陸前高田市民にかける言葉がみつかりませんでした。
 この後、東京に戻りましたが、首長さんたちが口を揃えて訴えていたのは、漁業の再生でした。船も網も漁港も無くなってしまった。これでは生活のしようがない。何とかその三つを揃えてほしいとのことでした。漁業なくして三陸の再生はないということを強く訴えていました。
 小さな漁港を再生するのではなくて、いくつかをまとめて大きな漁港を作ったらどうなのかと私が聞いたところ、絶対ダメだという話でした。取る魚も漁法も違う。天気を見て海を見て、知りぬいた海底の状況も判断しながら漁にでる、一箇所にまとめればすむ話ではないということでした。東京の机上で再生プランを考えてはいけないということです。再生をするためには現場に出向き、現場の話を聞くことからまず始めなければいけません。
 一緒に手伝ってくれた大学一年の私の息子が、市長さんの顔がみんな凄かったと話していました。あんなに引き締まった顔を見たことがないとも言っていました。市民の命と生活を守るんだという責任感と緊張感が、あの表情を作り出したんだと思います。首長さんたちのあの表情を見て、三陸は再生すると私は確信しました。
 なお、写真は明日も載せます。

ファイル 365-1.jpg ファイル 365-2.jpg
      避難所と山田町            大槌町・三陸道


ファイル 365-3.jpg ファイル 365-4.jpg
仮設住宅・陸前高田市役所と市街     野田釜石市長に支援物資を手渡す

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー