記事一覧

液状化の被害も甚大

ファイル 360-1.jpgファイル 360-2.jpgファイル 360-3.jpgファイル 360-4.jpg

3月28日(月)
 昨日、液状化現象によって大きな被害を受けた浦安市に行ってきました。隣の市であるのにすぐにいけなかったことをお詫びいたします。
 液状化を簡単に考えていましたが、大きな過ちでした。浦安市の新市街地の大半が地盤沈下や隆起によって、まさにデコボコになっていました。道路は波打ち、スーパーの前の道路は陥没、住宅地の塀は壊れて、殆どの家が多かれ少なかれ傾いていました。
 また、海岸の堤防はひび割れが出来、段差が生じ、液状化によってアスファルトが海側に数十センチせり出した格好になり、遊歩道には大きな段差が出来ていました。ここに再び震度5以上の地震が来れば、さらに被害が拡大するのではと浦安市では心配していました。
 また、道路の下には水道管や下水管、ガス管などが走っており、これらのライフラインも大きな被害を受けました。まだ断水をしている地域がたくさんあり、下水も使えないため、避難している人もたくさんいるということでした。
 さらに道路が家よりも高くなっている地域がたくさんあり、大雨が降れば確実に水が家に入ってきてしまいます。市ではボランティアスタッフの手も借りて、復旧に全力を挙げており、大分、回復したとのことでしたが、私が見る限りでは、まだまだ酷い状態でした。
 液状化によって発生した砂の山が市内のあちこちに山積みになっていました。海に廃棄したいのだが、液状化で出たものは産業廃棄物扱いになるので、できないと市の職員が嘆いていました。全国的な非常時ですから、もっと柔軟に解釈して、きれいな砂は海に戻していいという措置をとるよう政府に申し入れおきました。
 市川市の行徳地区でも集合住宅の駐車場が一部陥没していて、使えないところがでていましたが、浦安市ほどの被害ではありませんでした。
 浦安市でも今週から県議会選挙が行われる予定です。液状化で大きな被害を受けた地域には投票所となる小学校もたくさんあり、市長はこのままでは候補者も落ち着いて有権者に訴える状態にないと延期を求めています。いまのところ千葉県選管では実施する方針を持っているようですが、私は延期したほうがいいのではと思います。
 お隣の浦安市、福島県とたった二箇所見ただけですが、今回の地震がもたらした被害がどれだけ大きいか分ります。まさに全国民が一体となって復興に当たらなければ、二次災害、三次災害が発生してしまいます。
 それにしても心配なのが原発の状況です。一進一退で良くなっているのか、悪くなっているのか私たち素人にはよく分かりません。数値だけが一人歩きし、一喜一憂している状態です。何とか、終息に向けた明るい情報が欲しいものです。
 ところで、6区で集めた募金だけでも50万円を超えました。しかし、もっともっとお金は必要です。今後も募金活動を続けますのでご協力をお願いします。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー