記事一覧

安倍総理辞任、自民党の無責任政治、ここに極まる

9月12日(水)
 安倍総理が今日午後突然、辞意を表明しました。一昨日、所信表明演説をし、今日は代表質問を受けるという段階になって、突然やめるとは無責任極まりません。国会が始まったばかりで、自分の意向が通らないからと辞めてしまう、総理どころか議員としての資質を問われます。もともと総理になるような器ではなかった人が、人気があるとの理由で総理にされたところに無理があったのだと思います。
 安倍さんは辞任の理由に、テロとの戦いを継続させるためと、強調していましたが、自衛隊がインド洋で給油を続けることが、どのようにテロとの戦いに結びつくのかの説明はありませんでした。給油活動は国際的に高く評価されているともいっていましたが、世界中で一体何人の人が、日本の自衛隊がインド洋で給油をしているということを知っているというのでしょうか。
 結局、参議院選挙で負けたときに辞めるべき人が、辞め時を誤ったために国政に多大な迷惑をかけた、この責任は一に自民党にあります。自民党は召集したばかりの臨時国会を中断して、新たな総裁選びを行うことになります。この間の政治の空白の責任を一体どう考えているのでしょうか。
 自民党の総裁が決まって、そのまま政権運営をすることにも疑問があります。先の総選挙は小泉総理の下で行われ、その結果与党が3分の2を占めることになりました。その数の力を背景に安倍さんは先の通常国会で無理やり、民意に沿わない法律をたくさん成立させました。今度総理になる人も、二代に渡って国民の信を得ないまま総理につくわけです。これは民主主義のルールに著しく違反しています。
 自民党は次の総裁選びをするのではなく、選挙管理内閣を作り、直ちに衆議院を解散することが、もっとも正しい判断だと思います。自分の党の延命のために、国会を私物化することは許されません。

ファイル 36-1.jpg 朝立ち 市川駅にて

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー