記事一覧

皆さんの力があれば必ず復興できます

3月21日(月)
ファイル 357-1.jpg ファイル 357-2.jpg
支援物資の受付              支援物資のお届け
ファイル 357-3.jpg ファイル 357-4.jpg
津波の惨状
ファイル 357-5.jpg
自衛隊による復旧

 19日の土曜日に事務所の駐車場で東北地方太平洋沖地震の被災者向けの支援物資の受付をしました。午前10時から午後4時まで受け付けましたが、引きもきらずたくさんの方が来てくれ、あっという間に用意したビニールシートがいっぱいになってしまいました。トータルでは300人以上の人が支援物資や寄付をしてくれました。
 寒い地方ということで防寒具や毛布、タオル、下着などの衣料品や粉ミルク、カップ麺などの食品、紙オムツ、ティッシュペーパーなどの雑貨と多種多様の支援物資が集まりました。同時に、義援金を集めましたが、一日で204,395円が集まりました。事務所では松戸駅や本八幡、市川駅でも義援金を集めました。こちらも二日間で179,486円ものカンパを頂きました。いかに多くの方が今回の地震に心を痛めているのかが良く分かりました。
 これに先立ち、金曜日に同僚の小林興起議員や松原仁議員と一緒に「東北関東大震災被災地支援促進行動議員連盟」を立ち上げました。そして早速、昨日、皆様から寄せられた支援物資をトラック一杯に積めて、被災地にボランティアと議連の議員の皆様と一緒に行ってきました。その報告をします。
 朝5時半に松戸を出て、11時半に自衛隊の福島駐屯地を訪問。ここには九州から工兵部隊が支援に来ていました。施設団長の陸将補の方は「阪神淡路の大震災と同規模の地震だと思いましたので、最低半年は駐屯することになると準備をしてきました」と話してくれました。主に被災地の道路や港湾施設の補修に当たるとのことでした。
 そのあと、福島県の災害対策本部を訪ね、旧知の佐藤雄平知事と話をしました。「地震、津波は天災でしょうがないが、原発は人災だ。風評被害など二次災害を政府は何としても防いでほしい」という悲痛な願いを聞いてきました。
 県庁を出てすぐに、津波で大きな被害にあった相馬市に向かい、被災者約1000人が非難している中村第一小学校を訪ねました。最初はもっとたくさんの人がいたそうですが、原発の問題がおき、すでに三分の二くらいの人が他の場所にさらに避難したということでした。学校は今年の2月に出来たばかりで非常にきれいでしたが、ガソリンがなく動くに動けないとの声が寄せられました。また、避難してから一度も風呂に入っていないので、それが辛いという声も聞きました。
 すぐ近くにある物資の集積場に皆さんから預かった物資を届けました。ガソリンが不足していて避難所に思うように届けられないということで、物資がたくさん滞っているのが大変気にかかりました。
 「ガソリンは隣の栃木県まで来ているが、そこから先を運んでくれるドライバーがいないから、ここにないのだ。安全なのになぜ運んでくれないのか」という怒りの声を多数聞きました。
 その後、津波の現場に向かいました。港が近づくにつれて、何もかもが津波によって破壊された市街地が見えてきました。車も船も家もそこら中に散らばり、街とはとてもいえない状況になっていました。
 津波が引いても地盤が沈下しているとのことで、海水が引かないで残っている中、自衛隊の隊員が冷たい水に足を浸して不明者を捜している姿に胸を打たれました。相馬市でもまだ100人以上の方が行方不明ということでした。
 港も酷い状態でしたが、そんな中でも自衛隊の工兵部隊によって埠頭が復活していました。昨日には巡視船がこの港に入り、負傷者を新潟に搬送して行ったとのことでした。力強い限りです。
 相馬港の北の新地町も視察しました。ここは常磐線が被害を受け、いまでも車両が9の字型のまま放置されていました。町長に会いましたが、この惨状を見て、「これからどう街を再建するのですか」とはとても聞けませんでした。
 相馬市から、さらにバスで南相馬市に向かいました。ここは福島第一原発から30キロ以内にあり、途中の道には立ち入り禁止の標識が出ていました。被爆の恐れがあるということで、7割近くの人が既に街を離れたとのことでしたが、実際に街を通ると、ほとんど人影はなく、9割以上の人が実際には街を離れているのではないかと思いました。そんな中、町役場の職員の方が黙々と業務をこなしている姿に頭が下がりました。
 私が見たのは相馬市と南相馬市という被災地域のごく一部です。この惨状が福島だけでなく宮城、岩手、青森、茨城、千葉まで広がっていると思うと、いかに今回の地震がすごい被害を日本にもたらしたかが分かります。何としても日本国民全員の協力で東北を支えていかなければなりません。
 なお、土曜日には支援物資やカンパと同時に被災した皆様へメッセージも頂きました。たくさん頂いたのですが、その中からいくつかを紹介します。

「ガンバレ 遠くからずーとたくさん応援しています。あきらめないでがんばってくださいね!」

「もう少し大変な日々が続いてしまうと思います。遠く離れた千葉でも、こんなに怖い思いをしているので、被災者の方々はもっと怖い思いをしていると思います。少ししか力にはなれないかもしれませんが、いつかまたみんなで笑いあえる日がくることを願っています。日本は絶対に大丈夫!!みんなで力を合わせて、また素晴らしい日本、東北を取り戻しましょう!みんなでこの危機を乗り越えよう!!」

「千葉で暮らしていますが、東北で生まれ、東北が大好きです。元気な東北を取り戻せるように私もがんばります。一緒にがんばりましょう!」

「17さいの高校生です。同じ日本人であるみなさんのために少しでも力になりたくて、アウターをおわたしします。あきらめないでがんばってください!!最後にはみんなで笑いあえたらいいなと思います。」

「みなさん声を掛け合ってください。心はいつもそばにあります。いのることしかできず心苦しいです。お体に気をつけて下さい」

など心暖まる言葉が寄せられました。これらのメッセージは、支援物資を届けた中村第一小学校の被災者の皆様にお届けしました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー