記事一覧

この大危機をみんなで乗り越えよう

3月14日(月)
 地震大国日本ですから、いつ大きな地震が来てもおかしくないと誰でも思っていました。しかし、私たちの想像を遥かに超える超大規模な地震が11日に発生しました。私は議員会館にいましたが、ゆっくりした大きな揺れが長く続き、その後も余震が続き、次に大きな余震が起こるまでのあいだ、ほぼ1時間くらい会館が揺れっぱなしのような感じがしました。
 この地震で東北地方の太平洋側は甚大な被害を受けました。いまだに連絡を取れていない人が1万人以上いるということですので、恐らく被害者は数万人という規模になりそうです。
 犠牲者がこれほどの数に上ったのは繰り返しテレビでも放映されていますが、信じられないような巨大な津波によるものです。津波の恐ろしさというのは外国の津波などの映像で知っているつもりでしたが、改めて映像を見ると、やはり想像を絶するものでした。揺れも恐ろしいですが、その後に来る津波はさらに恐ろしいものでした。
 金曜日の夜には地元の事務所を終夜明け、東京から6号線を徒歩で帰宅している人たちにトイレなどを提供しました。私も帰るべく努力をしましたが、道路が動かず、途中から引き返して東京に泊まりました。
 何とかお手伝いをしたいという気持ちは強いのですが、結局、昨日、一昨日と情報を収集するだけで、個人的に具体的な救助作業は何もできませんでした。党の方からも勝手に被災地に出かけたら救助の邪魔になるから、指示があるまで待つように言われ、もどかしい気分で二日を過ごしました。
 まだ、家の下とか海上で生きている人もいるようです。各国からも援助部隊が来てくれていますので、一人でも多くの方の命が救われるように祈るのみです。
 これに加えていま心配なのが原子力発電所で起こっている事象です。地震発生と同時に炉心での核分裂は制御棒が入れられストップさせることができましたが、炉心の温度を下げるのが上手くいかず、水素爆発が既に二度も起こっています。それにともなって微量ではありますが、放射能が外部に出ているようです。
 津波などと違って放射能は目に見えません。しかし、こちらは長期に渡って健康被害をもたらします。専門家を総動員して、何としても核の暴走を止めなければなりません。第二のチェルノブイリになることだけは防がなければなりません。
 当面は人命救助と原発ですが、これから先、被災者はどう生きていったらいいのかという重大な問題が発生します。まさに壊滅的な被害ですので、地域をゼロから立て直すような復興計画が必要です。それまでの間、きちんと被災者の生活を守るために政府は全力を上げなければなりません。
 電力不足が予想されますので、関東地区などでは計画停電が実施されます。いまはあらゆる電化製品やガス器具などが電気で制御されています。停電の後、通電すると様々な影響がでてきます。一昔前だったら、電気が消えてもロウソクで灯りを確保すればよかったのですが、いまは全ての生活が電力を元に成り立っており、生活の基礎が電力供給がなくなれば成り立ちません。どう停電に対処すればいいのか、十分に国民に説明してから実施しないと、停電によって二次災害が起こってしまうのではないかととても心配です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー