記事一覧

都知事選、候補者選び難航

3月10日(木)
 先日、前原外務大臣が在日外国人からの献金の件で職を辞しました。聞けば小さい頃から知っている近所のおばさんということで、違反は違反ですが、気の毒な気がします。特に善意から献金をしてくれたおばさんの心情を思うと、辛いものがあります。
 私も沢山の方から献金を頂いておりますが、いちいち国籍を聞くような失礼なことはしておりません。外国からの献金を禁止している趣旨は、それによって日本外交が歪められる恐れがあるからです。そもそも外国人かどうか分らない人から献金を受けて、外交が歪められるはずもありません。重要閣僚の一人が閣外にでた影響は決して小さいものではないと思います。
 一方、4月10日に投開票となる知事候補選びも難航しています。東京都の場合ですと、まず現職の石原知事が出馬するのかどうかはっきりしないので、最初の一歩が中々踏み出せませんでした。90%以上石原知事が出馬することはないのでしょうが、過去の例から最後の最後でまた、出る可能性もあり、そこが読めないところで難点でした。
 石原知事がでないのであれば、民主党が勝ちに行くという選択があったと思います。都知事選挙で勝てば、不利を伝えられている統一地方選挙にプラスの影響を与えられます。当落線上にいる候補にとっては都知事選挙で勢いをつけてもらえばと、考えていた人も多かったのではないでしょうか。
 しかし、負けたときの影響を考えると、なかなか勝ちに行く候補、すなわち閣僚を出すということは難しいと思います。閣僚を出して負けたとなれば総理の責任が問われることにもなりかねません。予算を通そうと必死になっているところで、また新しい火種をつくるわけにはいかないという判断も頷けないではありません。
 でも、私はここで勝負に出て欲しかったと思います。全国で戦っている地方議員の候補は、本来であれば自分の仕事の実績や、地方をこうしたいという思いを伝えて選挙をしたかったはずです。それが逆風の中で話を十分に聞いてもらえないで落選ということではとても納得できないでしょう。都知事選で勝って勢いをつけさせてあげたかっただけに残念です。
 早いもので、来月の10日、すなわち一ヶ月後には新しい知事や県議が決まります。地方は地方ですから、中央の流れで判断するのではなく、どうか、おのおのの地方で役立つのかどうかで判断してほしいものです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー