記事一覧

次から次ぎへ難問が

3月4日(金)
 ニュージーランド地震の日本人被害者は残念ながら結局一人も救出されませんでした。被災当時は名前も分らなかった被害者が、時間の経過とともに、その生活や人柄、夢などが明らかになっていき、さらに残念だったという気持ちがつのります。
 肩を落とした遺族の写真を見ると、どんな言葉も掛けようがありません。今は、遺体が一日も早く発見され、心の整理ができるのを期待するのみです。日本もいつ大地震に見舞われるか分りません。学校や病院などの耐震化を急がなければなりません。
 さて、本予算は1日未明に衆議院を通過しました。しかし、通過したのは予算本体のみで、関連法案はまだ審議されていません。したがって、参議院でも本予算だけが予算委員会で今日から審議入りしました。
 この先どうなるのか。予算関連法案が通らなければ国民生活に多大な影響がでます。それだけに民主党としては国民生活を脅かすものを分離して野党の皆様に協力をお願いして順次通過させる方針を立てています。ただ、それでも特例公債法案と子育て支援法案の成立には目処がつきません。
 特例公債法が通らなければいずれ、歳入不足に陥り、行政サービスが提供できなくなる恐れがあります。また、子育て支援法が通らなければ、以前の児童手当に戻さなければなりません。そのためには地方自治体が再度、調査をしなければならず、6月以降、支給が滞る可能性もあります。
 また、予算がスムーズに執行されなければ国債の信用に疑問符がつき、景気の腰を折ることにも繋がりかねません。こんな事態にならないために、何としても関連予算の成立に万全をつくさなければなりません。
 そんな中、また昨日、愛知県1区の民主党議員が離党届を出しました。河村市長の元秘書の方で、離党の理由は河村氏が作った「減税党」に入党するためということです。民主党は増税の方向に向かっているからという理由も述べていました。裏で菅政権を揺さぶろうという意図があったのかどうか、知る由もありませんが、このことによって、菅政権の求心力にさらに陰りがでたことは間違いありません。
 民主党は与党です。政権を担っています。政権批判をしている民主党議員には、その自覚がどうもないようです。国民から税金を預かり、それを分配する権限を持っている政権党という自覚があれば、自分たちの仲間や会派の考え方や行動を優先するなどという行為はとれるはずはありません。
 おりしも東京都知事選の候補選びも最終局面を迎えています。石原知事が出馬しないことはほぼ確実になりました。私は蓮舫さんで勝負を掛ける時だと感じています。都知事選で勝利できれば、全国の自治体議員選挙に出ている候補に大変なプラス効果を生みます。もちろん負ければ、その逆効果も絶大です。でも反転攻勢の第一歩にこの都知事選をするべきだという考えは変わりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー