記事一覧

何とも無責任な辞任劇

2月24日(木)
 ニュージーランドで大地震があり多数の日本人が被災しました。懸命の救助作業が行われていますが、一人でも多くの方が救出されるのを祈るのみです。語学を身に着けて看護や仕事にいかそうと努力していた方が一瞬にして未来を奪われる、痛ましい限りです。
 日本政府が救助隊を派遣して懸命に努力している最中に、何とも情けない人が辞表を提出しました。16人の動きが何の波紋も拡げなかったので、焦って、辞表を出したのでしょうが、自分の親分のために大事な職責を投げ出す、政治家以前に人間として失格だと私は思います。
 予算委員会で予算審議が大詰めを迎えています。政務官といえば政務三役として予算成立に重い責任を負っています。その予算が成立をするかしないかという重要な時期に辞表を出すというのも何とも無責任な話です。コメントするに値しない行動といわざるを得ません。そこまでやるのならさっさと党を出て行くのが筋ではないでしょうか。
 小沢さんに対する党員資格停止処分は至極当たり前の処分です。本来なら自ら党籍を離れるのが当たり前なのに、それが出来なかったから党として処分をした。そもそも自分が蒔いた不祥事の種です。誰のせいでもありません。
 それを、自分の身を守るためにいろいろ理屈をつけて、国政を混乱させる。永年政治家をやっていた人の行動とはとても思えません。この行動一つとってみても、いまの時代には必要のない政治家です。
 ところで、予算関連法案は成立がますます難しくなっています。このままいくと予算本体と税制改正の一部のみが可決され、あとの子育て支援や赤字国債の発行は不可能となりそうです。
 衆議院で再可決できなければ、本予算だけでいくしか方法はありません。当面は借換債の発行で集めた資金を活用するなどすることによって、資金的なショートを起こさせないことはできますが、6月くらいになれば資金不足が現実のものになります。
 その間には都知事選挙や統一自治体選挙があります。この先どうなっていくのか、余りにも不確定要素が多くて見通せません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー