記事一覧

信なくて立った人たち

2月18日(金)
 昨日、民主党の比例単独議員16人が会派を結成しようとしました。会派を作るには党の許可がなければならず、当然ながら認められませんでした。
 16人の議員は比例名簿に名前が記載され、民主党の大勝の結果、議員になった人たちです。選挙運動をしたわけでもなく、選挙区を持っている訳でもありません。
 なぜ、こんな行動に走ったのか。実は昨年から比例単独の人たちが新党を作るのではないかという噂はありました。民主党の比例で当選した人ですから他党に行くことはできません。しかし、新党を結成して、そこに所属をすることはできます。昨年の暮れに新党を結成すると政党助成金目当てというのが余りにもミエミエだったので、それはやめ、タイミングを計っていたところに小沢さんの処分が出てきたので、行動に出たのだと思います。
 もともと小沢さんに名簿に記載してもらった人たちですから、小沢さんとの関係は近いのでしょう。小沢さんが新党でも作ってくれたら、また名簿に載ったりする機会があるかもしれないというのが最大の理由でしょう。いま選挙になったら、比例単独の人が当選する可能性は限りなくゼロです。失うものは何も無いのだから、あんな行動にでたものと予想されます。
 小沢さんにも会派を作ることは報告済みだということです。ありえない行動ですから、小沢さんからしっかりと「バカなことはやるな」と言って欲しかったです。しかし、実際には許可をもらったということでしょう。自分のことだけしか考えない、およそ政治家とは言えない行動です。
 しかし、民主党に与えた打撃は大きいと言わざるをえません。党内もまとめきれないのかという批判が執行部に向けられますし、本当に政権を任せておいていいのかという批判に拍車を掛けることにもなります。民主党の議員なのに、天に唾する行動で、呆れてしまいます。
 会派は認められませんから、結局、単なるパフォーマンスでとりあえずの所は終るでしょう。焦点はこの動きがこの先広がっていくのかどうかです。そうなるかどうかはやはり、小沢さん次第ということになるでしょう。壊し屋といわれた小沢さんが民主党壊しにかかるのか、なんとも嫌な雰囲気です。
 かくなる上は、民主党の大胆な改革を実行し、民主党の信頼を回復させるしかありません。党が一つにならなければ政権交代の期待に応えられるはずもありません。民主党ももう後がありません。最も大事なことは国民の期待に応えることです。それを阻害する要因はバサっと切り捨てる勇気がなければいけません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー