記事一覧

1月31日(月)前途多難な通常国会

 毎日書こうと思っているのですが、時間に追われてしまい申し訳ありません。
 今国会、私は国会では引き続き消費者問題特別委員長を務め、新たに予算委員にもなりました。また党では選挙対策委員長代理になりました。
 予算委員会は今日から始まる予定になっていましたが、午前中は与野党協議のために中止になり、こうしてこの欄を書く時間的余裕が生まれました。昨日、一昨日は市長選と知事選応援のために名古屋に行っていました。
 以前はずっと予算委員でしたが、与党になってからは初めてです。与党の場合は質問というより政府の姿勢を分りやすく説明するための質問ですから、野党時代とは全く趣を異にします。はっきり言って余り面白いものではありません。私は委員長なので質問に立つ機会はないと思います。
 愛知県知事、名古屋市長選挙は民主党にとっては大変厳しい選挙になりそうです。河村市長がもともと民主党にいたということで、多くの有権者がまだ、河村市長=民主党と勘違いしており、なかなか民主党推薦の石田候補の知名度が上がらないところに最大のネックがあるようです。選対委員長代理として全議員に500本電話を掛けるよう今日要請しました。なにしろ400人以上議員がいますので、トータルで20万本以上の電話が掛かれば少しは状況を変えられるのではないかと期待しています。
 ところで報道によれば、今日にも小沢さんの強制起訴が決定するようです。正直いって、もう小沢問題はたくさんだというのが本心です。裁判は民主党ではなく小沢さん自身の裁判です。自ら判断して党籍を離れ裁判に専念してもらうのが、もっともいいと思います。
 ただ、そうならなかった場合、どうするかが問題です。もうこれ以上、民主党内、国会内が小沢問題で時間を費やすことは無意味です。その辺も、是非、小沢さんに判断してもらいたいものです。
 一方、国会も大変です。自民党、公明党はどうしても解散に追い込もうとしているようです。そのためには予算案を“人質”にとっても構わないという判断のようです。
 予算本体は衆議院の議決が優先されますから、成立します。ただ、子ども手当や赤字国債発行など予算関連法案は参議院で否決されれば成立しません。捩じれをどう解決するのか、いまだに解決策は見当たりません。当分、その日任せの国会運営が続くと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー