記事一覧

許しがたい北の暴挙

11月25日(木) 
 一昨日、北朝鮮が韓国のヨンビョンドへ突然、砲撃を加えました。民間人二人を含む4人が死亡し、多数の負傷者を出しました。
 最初にこのニュースを聞いたときには、「ウソだろ」というのが正直な思いでした。人が住んでいる島に、何の警告もなく突然、砲撃を加える。テロならありえますが、一応国家の体裁を持っている北朝鮮が、まさか無差別殺人を行うとは思わなかったからです。
 以前にも北が韓国の艦艇を魚雷で撃沈したことがありました。しかし、この時は真実はどうあれ、北朝鮮は自分たちの仕業ではないと否定をしていました。今回は、北の基地から撃ってきているので否定のしようはありません。
 北の言い分は「韓国に軍事訓練を中止しろ」と要請したのを無視したからということのようです。警告を無視したからいきなり撃っていいということには勿論なりません。それを平気でしてしまうというのですから、呆れます。
 識者の分析によれば、米国を交渉に引き出すための手段だということのようです。いきなり撃ってきて、黙っていればもっとやるから、交渉に出て来い、こんなことが通じる国があると思っているところに、北朝鮮の悲劇があります。
 常識の通じない国ですから、本当に次に何をするか分りません。どう対処したらいいのか、韓国も米国も迷っています。日本も北の暴走を止める方法を考えなければなりません。目には目をで北朝鮮を攻撃すれば、戦線は一気に拡大して第二次朝鮮戦争になる恐れがあります。かと言って、何もしなければ、もっと攻撃をエスカレートする恐れもあります。始末におえません。
 北と唯一話が通じる?のは中国です。中国の首脳が金正日を呼んで「バカなこと止めろ」と一喝するぐらいしか思いつきません。それでも効果は余り期待できません。
 かつて米国のブッシュ大統領が「ならず者国家」という言い方をしましたが、いまの北朝鮮の指導者はまさにならず者です。ならず者は国際刑事裁判所に引き出すしか方法はありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー