記事一覧

最近「申し訳ありません」ばかり言っています

11月11日(木)
 来週から松戸市議会議員選挙が始まります。私も応援で松戸駅など街頭に立っています。応援をしてくれる人も、もちろんたくさんいるのですが、最も多いのは「民主党は一体どうなっているんだ」とか「民主党もっとしっかりしてよ」といった民主党に対する注文や失望を口にする人です。
 政権交代してから1年がたちましたが、民主党に対する期待が大きかっただけに、その反動で民主党に対する批判も一段と激しくなっています。
 それにしても続きすぎです。尖閣列島での中国との摩擦から始まって、ロシアのメドベージェフ大統領の国後島訪問、さらに漁船衝突DVDのネットへの流出と一連の外交案件での混乱。国会ではTPPの問題が突然クローズアップされたり、企業団体献金を突如、再開するなど、一体、民主党はどうなってしまったのかという事態が続出しています。
 いまさら言っても仕方ありませんが、私が指摘したように漁船衝突事件はもっと前にDVDを放映するべきでした。こんな形でいまごろネット上で公開されるのは最悪のタイミングといってもいいでしょう。
 TPPの問題、マスコミはこれにさえ加入すれば日本経済は再生するかのような書き方をしていますが、私は、加入しなければ日本経済には大きなマイナスになるが、かといって加入すれば日本経済が直ぐによくなるというものでもないと思っています。
 朝日ニュースターに出演して言ったのですが、TPP加入のためには日本の一次産業を抜本的に立て直さなければいけません。私は日本の一次産業は競争力はあると思っています。ただ一次産業の担い手が、将来に確固たる希望を見出していない。それが一次産業をだめにしていると考えています。
 したがって、将来に希望が見出せるように政府がきちっと支援体制を決めさえすれば、一次産業が元気になる。地方の時代といっていますが、一次産業が元気を出さなければ地方が元気になるはずもありません。TPP加入を奇貨として、一次産業の刷新ができれば日本経済全体にも大いにプラスになるはずですが、それには相当な覚悟をもって臨まなければなりません。
 外交にせよ、日本経済の建て直しにせよ、大事なことは政府がきちっとした指針を示すことです。どうも余りにも場当たり的な対処をしているのが、民主党に対する信頼を損ねているような気がして仕方ありません。
 今日から韓国でG20の会議が始まり、13日からは横浜でAPECが始まります。ここで菅総理が相当はっきりしたメッセージを出して、民主党を再浮上させないと、本当に危機です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー