記事一覧

小沢氏強制起訴

10月4日(月)

 今日の午後、小沢氏の強制起訴が決定しました。二度目の検察審査会で起訴相当の結論がでましたので、小沢問題は裁判で決着が着けられることになりました。
 まず思ったのは、この厳しい状況の中で、検察審査委員に選ばれた委員の皆さんが冷静に判断してくれたということでした。次いで、小沢さんが代表、すなわち総理大臣になっていなくて良かったとの思いです。
私はこうした事態も想起して小沢さんは代表選挙にでるべきではないと言ってきました。小沢さんが総理として起訴されたとなれば、また、総理が代わるという事態になったことは間違いなく、それが政治の混乱、国民生活の混乱につながる。これを回避できたことは良かったと思います。
 ただ、民主党としてただ良かった、で済むはずはありません。有罪、無罪は裁判で結論がでます。一般人であれば判決が出るまでは推定無罪です。しかし、政治とカネをクリーンにするというのを目的に誕生した民主党として、民主党代表まで勤めた人がそれでいいのかということになります。
 やはり政治の信頼を回復するためには少なくとも小沢さんは民主党議員としての活動は自粛していただくしかないと思います。私個人としては小沢さんは裁判に専念するために議員辞職をするのが最も適当だと思いますが、最終的には小沢さん個人の判断ということになると思います。でも最低、民主党を離れるのが当然でしょう。
 私が繰り返し、小沢さんに国会できちんと説明して欲しいと言ってきました。それに対して小沢さんは、検察が何年間も捜査して不起訴にしたのだから、自分の無罪は証明されていると発言してきました。今回は国民が起訴、小沢さんの言葉を借りれば、“有罪”と判断したわけですから、それについての弁明をしなければなりませ
ん。
 小沢さんにはこれ以外に、民主党や自由党の代表時代に、政党助成金から支出される組織対策費として巨額が支出されたという報道もなされています。政党助成金は税金ですから、一体、数十億円もの金が何に使われたのかという説明も必要です。また、そもそも政治資金で土地を買うという理由も分りません。これらの点についてきちんと国会で説明してほしいという考えに変わりはありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー