記事一覧

国民の理解を超えた判断は国民から最終的には拒否される

8月27日(金)
 代表選挙に小沢さんが立候補することになったようです。99%出ないと思っていただけにびっくりしました。1%の可能性があるとすれば、検察審査会の結論が、起訴とでるだろうと判断したときのみと考えていました。
 なぜそう判断したのか。小沢さんが出馬して勝ったとしても、世論の支持は得られません。参議院で政治と金の問題で証人喚問を提出され、出席を断れば問責決議案を出され可決される。そうなれば参議院はストップしてしまいますから、衆議院を解散するか辞めるしかなくなる。
 仮に負ければ小沢さんの影響力は大きく減ることになる。どちらに転んでも小沢さんにとっていいことはありませんから、主戦論をいいながら人事で幹事長ポストを握ればいいという戦略だと私は考えていました。
 それが一転して立候補になったのは何があったのか。新聞が報じるところによれば、人事で思うようなポストを獲得することができなかったこと、鳩山さんが支持を表明したことが大きかったとしています。
 それもあったでしょうが、私としてはやはり検察審査会の行方が最も大きかったように感じます。総理になれば実質的に起訴することは不可能になります。また、総理になれば検察審査会の委員も、総理を本当に起訴相当にしていいかどうか悩むはずです。それが狙いだったように思えてなりません。
 いずれにせよ、代表選挙はこのままいけば小沢・菅の一騎打ちとなります。私はかねてからいっているように複数の候補者がでて、国民の前で議論するのが一番と主張してきましたが、どうもそうなりそうにもありません。菅さんと小沢さんが選挙で争えば、党内に亀裂が走ってしまう心配があります。そのしこりが将来の分裂の火種にも成りかねません。
 でも考えようによっては小沢さんが出たことはいいことだと思います。いつまでも裏で手をひくような政治手法を取るべきではありません。堂々と小沢さんも政治と金についてしっかり説明することはもちろんの事、経済政策、外交政策についてきちんと考え方を述べ、負けたら素直に世代交代を認め、引退することが日本のためになります。
 また、マニフェストについても、小沢さんはきちんと守るべきだと主張していますから、一体どのようにして財源を確保するのか説明をして欲しいと思います。また、小沢さんのグループでは小沢さんの豪腕で、円高と株安をストップさせると言っていますが、そんないい方法があるのなら、今すぐに官邸に持っていけばすむ話で、もったいぶるものでもありません。それを言わないのは、いい方法がないからに他なりません。
 どちらが勝つか。もちろんやってみなければ分りませんが、最終的には世論どうりになると思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー