記事一覧

日本再生のために年内限定の大連立を

7月14日(水)
 選挙期間中はこの欄を更新できませんでしたので、失礼しました。
 参議院選挙の結果は想像をはるかに超えた敗北でした。選挙が始まった当初は過半数は取れないだろうが、50台半ばは、いくだろうと思っていました。それが最終版になって、ひょっとしたら50前後になってしまうのではとの危機感を持ちました。
 選挙の最終日に菅総理が千葉県に入りました。私も同席して新浦安で街頭演説を行いました。人は沢山集まりました。恐らく5000人以上いたと思います。しかし、菅さんが演説をしても拍手をするのは前にいる人だけで、5000人のワーという熱気が全くありませんでした。この雰囲気を見て、相当民主党は苦戦するかもしれないと感じました。
 しかし、まさか自民党に負けるとは全く想定していませんでした。また44という数字も想像していませんでした。
 なぜ、これほど大敗したのか。消費税の問題があったことはありました。菅さんの提案の仕方も悪かったし、その後の訂正めいた発言もいただけませんでした。しかし、それだけで、これほど大敗はしません。
 やはり、民主党が政権を取ってから10ヶ月の政治のやり方そのものに国民が失望したというのが敗因でしょう。政治が変わる、新しい政治が始まると期待していたのに、民主党政治は、新風を吹き込むことができなかった。マニフェストを変更するに際しても、素直に国民にお詫びをすればいいのに、口先だけで誠意を見せなかった。国会運営も多数の驕りで余りにも乱暴だった。そうしたことが重なって、この大敗北に繋がったのだと思います。
 唯一の救いは比例票で自民党を上回っていたということです。きついお灸はすえたけれど、まだ民主党を全面的に見捨てたわけではないということがこの数字から読み取れます。だからこそ、民主党は真剣に、ここで国民の皆様にお詫びをし、政権を取る前に言っていた、自民党政治に変わる政治実現に向けて全力を挙げて取り組むしかありません。
 代表選挙を前倒しにして、沢山の候補が出て、開かれた論争を展開する。そして選ばれた代表が、全政党に向けて次の提案をする。
 すなわち、いま日本が直面している問題、「財政再建」「社会保障制度の抜本的改正」「新成長戦略」この三つの課題について、野党の皆さんに協力を呼びかける。そしてこの三つの課題に対して全党の合意が得られれば、それを法的にも予算的にもきちんと手当てをする。
 そして、この三つの課題が解決した暁には解散総選挙を約束するというのが私の提案です。
 そうでない限り、臨時国会が始まっても国会は動きません。3年前と同じ状況が生まれます。3年前と同じ事を繰り返す愚をしてはなりません。そういう提案ができる代表が生まれるかどうか、日本の再生がかかっています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー