記事一覧

言葉の重さ

6月3日(木)
 鳩山総理が退陣し、明日、民主党の代表選挙が行われることになりました。昨日、両院議員総会が突然開かれると聞いたときは、正直言って総理が退陣を表明するための総会だとは思いませんでした。
 昨日は安全保障委員会があり委員室に9時に行きました。岡田外務大臣も答弁のため出席していました。安保委員会の開会が遅れるということで、岡田さんが退出際に、私に「総理は辞めるぞ」と突然声を掛け、びっくりしました。岡田さんも総理から直接聞いた訳ではなく「委員会や本会議をストップさせて、両院議員総会を開くのだから、当然、継続ということではなく辞任ということになる」とのことでした。
 10時から両院議員総会が開かれ、皆様も二ユースでご覧になったと思いますが、辞任の表明となりました。政権交代の熱気から僅か8ヶ月で総理が退陣するとは、去年には想像もできませんでした。国民の皆様に与えた失望はさぞや大きかったとお詫び申し上げます。
 鳩山総理は自分が辞めると同時に、政治とお金の問題で迷惑を掛けてきた小沢幹事長にも退陣を促しました。これで、長いこと民主党を苦しめ、政治不信を増大させた政治と金の問題にとりあえずの決着が付きました。
 明日には新しい総理が誕生します。流れを見ていると、どうも菅副総理がそのまま総理になりそうな勢いです。一番の焦点は幹事長です。ここに小沢幹事長の影響下にある人が着いたら、党の刷新はできません。小沢さんの昨日の会見を聞いていますと、当面、一線にでて指揮をとるということはないようですが、取り巻きがそれを許さないというのが実態のようです。何とか清新な幹事長が生まれるといいのですが。
 鳩山総理は総理辞任を受けて、次の総選挙に出馬しないことを表明しました。小泉さんと鳩山さんと二人の総理経験者が議員に戻ることなく引退することになりました。総理になるということは議員としての総仕上げです。一日も無駄にすることなく、それまでの政治生活の中で訴え続けてきたことを実現することが任務です。
 総理を辞めても議員として、まだやれるなどという考えでいたのでは、実現はままなりません。その意味で総理を辞めた後は引退するということを、このまま定着させてもらいたいと思います。
 なぜ、かくも早く退陣しなければならなかったのか。言葉につきると私は思います。一度口からでてしまった言葉は、もう一度飲み込むわけにはいきません。前言をきちっと否定しないで取り繕えば、取り繕うほど事態は悪くなります。それを繰り返してしまったのが鳩山さんだったと思います。言葉に出したら実行する、実行できないなら言葉として出してはいけない、それが総理大臣だと思います。
 この問題が起こってから、テレビに何回も出ておりますが、時間の制約もあって思っていることが全ていえている訳ではありません。できるだけ誠実に答えようと心がけています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー