記事一覧

5月、鳩山総理の正念場

5月8日(土)
 4月17、18日に上海で講演を、24日から27日早朝までがラオスに、そして30日から5日までが再び上海へ出かけてきました。
 最初の上海では在住の日本人経営者に向けて、日本の政権交代とその後の政治情勢の話をしました。上海ではNHKテレビも見られますし、日本の新聞も日本と同じ日に読むことができますので、みんな日本のことについてはよく知っていました。
しかし、民主党がいまどうなっているのか、政治とカネの問題はどうなっているのか、参議院選挙はどうなるのかなど関心が高く、約1時間半にも渡って熱心な質問が出されました。
参加者の間から日本はこれから10年、20年後にどういうふうにしたいのかが見えてこない、政治家が是非、きちんとした日本の将来像を示してほしいという意見が出されました。日本の未来が見えないから日本の若者に元気が無いのだという意見も出されました。また、いまの上海は日本の高度成長時代のような活力と元気があるという意見も出されました。
ラオスは国際人口問題議員懇のメンバーとして出席しました。日本以外に中国やインド、ASEAN諸国から多数の議員が参加しました。私は第一セッションの議長を務めました。多くの途上国は人口増加と開発が同時に進展していることが最大の悩みで、日本のように人口減少と地方の過疎化に悩みがある国はなく、いずれ、途上国も日本のような悩みに直面することがあるかもしれないという話もしました。
ラオスは二度目の訪問でしたが、以前は全くの田舎でしたが、いまでは日本の小さな地方都市といった程度までなっていました。しかし、まだ素朴さが残っている農業国で親日的な雰囲気は変わっておらず、安心しました。
30日からの上海は、万博の前夜祭に出席するのと、翌日の日本館の開所式に出るのが目的でした。上海万博は中国で開かれる初めての万博で、それだけに中国の力の入れようは大変なものがありました。前夜祭には胡主席をはじめ中国の首脳陣がほとんど出席しました。
日本館は展示館の中でも人気が高く、開所式には多数の人が詰めかけ、3時間待ちという状態でした。日本館の目玉はバイオリンを弾くロボットで、あの微妙な指の動きにびっくりしました。
 日本ですが、いよいよ普天間基地の移転問題の最終局面の月となりました。鳩山総理が沖縄に出向き、徳之島の町長とも会談しましたが、残念ながら局面を打開することはできませんでした。民主党はこれまでの米国頼りの外交をやめ、自主外交をするということを公約に掲げてきました。この原点に立ち戻り、東アジアの安定に向けてのビジョンを示し、こうすれば米国の存在を小さくしても大丈夫という本道から普天間移転の問題を論じるしかもう道はないと思います。
 鳩山総理も腹をくくって、米国と米軍削減にむけて交渉するしかありません。

ファイル 320-1.jpg ファイル 320-2.jpg
上海万博前夜祭           上海万博日本館

ファイル 320-3.jpg ファイル 320-4.jpg
ラオスにてAFPPDの議長を務める   4月18日の上海での講演

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー