記事一覧

国会で証人喚問に応じるべきだ

4月28日(水)
 昨日、検察審査会で小沢幹事長に対して起訴相当という議決が出ました。この議決を受けて、小沢幹事長は自分の潔白はすでに検察が証明しているので、粛々と任務を務めると続投を宣言しました。
 どうしてこうなるのでしょうか。検察審査会は裁判員制度と同様に、国民の意見を検察にきちんと反映させようと、改定されたものです。11人の国民が弁護士のアドバイスも受けながら真剣に議論をした結果、起訴相当という結論が出たことは極めて重く受け止めなければなりません。
 検察が不起訴にしたからといって、小沢幹事長の潔白を証明したことにはもちろんなりません。検察審査会が起訴相当という判断を下したからといってクロというわけでもありません。ただ、不起訴はおかしい、きちんと裁判をやって真相を国民の前に明らかにしてほしいというのが審査員の率直な意見ではないでしょうか。
 その真剣な結論に対して、一顧だにすることなく、検察は既に不起訴にしているのだから検察審査会がどんな結論を出そうが自分には関係ないという態度をとるのは、さらに国民感情を逆なでにするのでは、と心配です。
 今日行われた副幹事長会議で私は、副幹事長として幹事長に対して、国会できちんと説明してくれるように申し入れすべきだと発言しました。もっとも幹事長に近いところにいる副幹事長だからこそ、言わなければいけないという思いからの発言でしたが、残念ながら受け入れられませんでした。
 小沢幹事長は速やかに国会で国民に対して説明をしなければいけません。潔白を言うのであれば、やはり証人喚問に応じるのがいいと思います。事実に反したことを言えば偽証罪に問われます。そこで国民が納得する説明ができれば疑惑はなくなります。それができないということは、疑惑を晴らすことができないということになります。その時は上に立つものとしてしっかりと身を処してほしいと思います。
 幹事長は党のトップです。幹事長にかけられた疑惑は党にかけられた疑惑です。疑惑を放置すれば民主党に対する不信感がますます広がります。小沢幹事長は党を再生させるためにも、決断をしてほしいと思います。決断が長引けば長引くほど党へのダメージが大きくなることは間違いありません。
 党内からまだ大きな声が上がってきません。国会議員は国民の代表として国政を預かっています。一番の仕事は自分の意見をきちっと述べることです。一人ひとりがきちんと小沢問題について意見を述べれば事態はいい方向に向かうと確信しております。
 このブログを読んでいる方も、是非、地元に戻った民主党議員にどんな意見を持っているのか積極的に聞いてみてください。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー