記事一覧

モンゴル視察記

 11日から18日までモンゴルを訪問して来ました。今年は日本・モンゴルが外交関係を樹立して35周年に当たりますので、その記念事業として行われた「モンゴルインターナショナルバルーンフェスタ2007」と「モンゴル・アジア子供ジャンボリー」に出席するために行ってきました。
 モンゴルは初めてでしたので、どんな国なのか期待していましたが、首都のウランバートルから一歩でると見渡す限りの草原で、久しぶりに大自然を満喫してきました。
 ウランバートルではモンゴル政府の要人と何回か会談しました。モンゴルは人口260万人の小さな国で、ウランバートルにいる人以外の人は殆どが、草原で遊牧をして暮らしています。首都は他の国と同じように、たくさんの人が全国から集まってきて、郊外にはスラムが広がり、人口が集中しているせいで、スモッグなどの公害も発生していました。
 日本は最大の援助国の一つであり、相撲でもおなじみなだけに、対日感情は極めていいとのことでした。主たる産業は農牧業と鉱業ですが、これだけでは人口を支える産業たりえず、各国の援助の下に、少しずつサービス業や情報産業などを育成したいとの意向を持っているといっていました。
 ちょうど朝青龍の問題もあり、心配をしていましたが、話題にはなっていましたが、特にこの問題で日本に対して悪感情を持っているということはないようでした。ウランバートルで白鵬のお父さんにも会いましたが、特に朝青龍の問題を心配している風でもありませんでした。
 ウランバートルでは経済発展の問題と関連してエネルギー問題、水質汚染や大気汚染、ゴミなどの公害問題が大きな焦点となっています。このまま公害を放置しておけば、最大の資源ともいえる観光に大きな打撃を与えてしまいます。かといって、公害対策をいくらしても、そこからリターンを直接得られるわけでもないだけに、頭の痛い問題となっています。
 ウランバートルを流れる川はいまでもかなり汚染されており、この川がそのままバイカル湖に注いでいるということですから、国際問題にもなりかねない問題です。下水処理場はあるとのことでしたが、下水道自体が整備されていませんので、抜本的な対策を国際援助のもとに行っていかなければいけません。
 今年はモンゴルにおける日本年ということもあり、たくさんの日本人観光客がきていました。日本からわずか5時間弱でいける大自然というのが魅力のようですが、それでも年間、日本人観光客は1万8千人程度しかいないということですからまだまだです。
 ウランバートルに3日滞在し、4日目に約6時間かけてウンドルシレッドというところまで車で出かけました。ウランバートル市内を離れると、本当に人工物がなにもない大草原が広がっていました。遊牧民が住むゲルが草原の中にあるのですが、ウランバートルから1時間も離れると、車で数分ごとに一つのゲルがある程度になってしまい、電線やコンクリートの建物など全くない、おそらく古代から続いている風景がそのまま残されている、世界でも珍しい自然にめぐり合えることができました。
 ウンドルシレッドは川と山に挟まれた高台の上にゲルが十数個ならんだキャンプ地です。ここで日本から持っていったバルーン7機を浮かべてバルーン大会が開かれました。私もバルーンに乗せてもらいましたが、地上1000メートルから見たモンゴルの大地は神々しいばかりでした。
 また、ちょうど新月で、ぺルセウス流星群がちょうどやってきているということもあり、一面の星空の中にいくつもの星が流れる様は圧巻でした。大自然の中で星を見ていると古代人の自然に対する心がほんの少し分かったような気がしました。
 ウンドルシレッドに二日間いて、現地の村人とも交流しました。ここには学校があり、遊牧民の子供が合宿して学習しているとのことでした。村でバルーンを上げたのですが、遠くからも見えるということもあり、1時間くらいすると遠くから馬やバイクでたくさんの人がやってきて、びっくりしました。放牧を手伝うモンゴル犬がたくさんいました。シェパードとラブラドールをあわせたようなおとなしい犬で、どこの家にも数匹、モンゴル犬を飼っていました。
 15日に5時間かけてウンドルドゥブに移り、そこのキャンプ地で子供ジャンボリーを開きました。ここにはウランバートルからモンゴルやロシア、韓国の子供たちが駆けつけてくれ、国際色豊かな交流会となりました。ただ、モンゴルの子供たちが遊牧民の子供たちでなく、ほとんど政府職員の子供であったことが残念でした。
 ウンドルドゥブでは、「チンギスハーン800年目の帰還」という、500頭の馬が草原を走り回り、当時の騎馬戦を再現するショーを見ました。中山競馬場の何百倍ものひろい草原を騎馬武者が縦横無尽に走り回る様は迫力満点でした。
 モンゴルは開発が進めば、自然が破壊される、かといって開発を遅らせれば、お金を持っている人はどんどん海外に出て行ってしまうという矛盾を抱えています。それをどう調和させていくのか、資源の配分をどうするのか、難しい問題です。また、中国とロシアという大国に挟まれた地勢学的条件をどういかしていくのか、これも難しい問題です。
 モンゴルの人は他のアジア人に比べて体がひときわ大きいのが特徴です。その分大きな心も持っていますので、何とかうまくやっていってくれるのを祈るばかりです。

ファイル 31-1.jpgファイル 31-2.jpg
ファイル 31-3.jpgファイル 31-4.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー