記事一覧

民主党政権が誕生して半年、情けない評価

3月16日(火)

 本当になかなかこの欄が書けないで申し訳ありません。毎日毎日、いろいろなことがあり、その対応に追われているうちに夜になってしまうということの繰り返しになっています。
 今日で鳩山内閣が誕生してちょうど半年となりました。皆様もご承知の通り、各種世論調査で、鳩山内閣の支持率は落ち続け、どの調査でも不支持が支持を上回ってしまう状態になっています。昨年の8月末の熱気があまりに強かっただけに、その落差に愕然とする思いが致します。
 でも一番ガッカリしているのは民主党を支持してくれた国民です。自民党政治から脱却して新しい政治が開かれると期待していたのに、旧自民党のような古い体質が表面に出てきてしまっているのがいまの民主党、のように見えるのではないでしょうか。
 民主党の良さは切れの良さでした。しかし、政権をとった途端に切れがなくなってしまい、一転して何をどうしようとしているのか見えなくなってしまっていることが、民主党への信頼を著しく落としています。普天間をどうするのか、消費税を上げるのか上げないのか、財政をどう立て直そうとしているのか、等々、国民が不安に思っていることについて、きちっと決定をし、きちんと国民に説明することが大事です。決定をして、守れなければ責任をとる。これが政治家で、決めないままズルズルと地位にしがみついているのは政治家ではありません。
 民主党は政権をとるまで自民党型の中央集権政治を批判してきました。権限と財源を地方に大胆に移譲する。そして地方が地方のことを決める地方主権を確立するというのが政権交代のもっとも大きな目的でした。
 しかし、現実を見ると、民主党内に中央集権制が引かれてしまい、個々人の力、すなわち地方の力がすっかり発揮できない状態になってしまいました。これでは地方主権の名が泣きます。一部に集中しすぎている権限と財源を、議員にきちっと分けることが民主党を元気にする一番の薬です。
 このままでいいはずはありません。政権交代したこと事態は良かったと国民はまだ評価しています。この期待に民主党は応えなければなりません。
 

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー