記事一覧

民主党にとって正念場の通常国会が開会

1月18日(月)
 今日から通常国会が始まりました。今国会は大荒れが予想されています。言うまでもなく、先週、小沢幹事長の元秘書ら3人が逮捕されたからです。
 これを受けた形で開催された先週土曜日の民主党大会で、小沢幹事長が弁明の発言を行いました。本来、幹事長は党務報告をして、今年の党としての活動方針を示すのが役割です。しかし、今回はそれを代理に任せ、自分の政治資金問題についてのみ説明をしました。
 この発言については詳しく報道されていますので、ここでは繰り返しませんが、要約すれば、なんらやましいお金ではないし、銀行通帳も検察側に示しているにもかかわらず、いきなり秘書らを逮捕するのは、検察の横暴だというものでした。
 確かに、小沢幹事長の政治資金問題について、検察がやや暴走気味だという面は否定できません。どのマスコミ報道も元をただせば検察のリークによって構成されています。本来、検事は起訴状で勝負をします。それまでは事件について、一切口を噤むというのが常識です。
 それを無視して、一方的に事実関係が立証されていないことを意図的にリークするのは、捜査の常道に著しく反しています。そこに検察のある種の“悪意”を感じるのは私だけではないでしょう。
 しかし、小沢さんの発言、さらにそれを擁護した形の鳩山発言に全面的に賛成できるかといえば、そうもいきません。まず、鳩山総理は検察も含めた行政の長です。それがいわば、自分の指揮下にある検察に対して、大いに戦って下さいと幹事長を励ましたのは明らかに行き過ぎです。
 また、小沢幹事長も第一にするべきは、きちんと国民に納得のいくような説明をすることです。通帳を見せたから、そのお金はやましいお金ではない、といっても、残念ながら、それだけでは納得できません。
 私たちは小沢幹事長が自民党時代の金権・金脈を引きずっているのではないかということを心配しています。民主党に合流したとき、きちんと自民党時代の金脈を断ち切ってくれたのかどうか、その一点です。それさえ証明してくれれば、疑念は晴れます。
 マスコミには、民主党は幹事長に対する批判が一切なく民主主義の党ではない、などという批判も散見されます。しかし、民主党内には当然ながら多様な意見があります。
 ただ、事実関係がはっきりしない中で、勝手なことを与党として言うべきではないという自制心が働いているだけだということを理解していただきたいと思います。
 とにかく民主党政府にとって今一番大事なのは、国民生活に直結する予算を速やかに成立させることです。この問題で補正予算や本予算の審議に影響が出てくるようだと、厳しい判断を迫られることになります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー