記事一覧

成人になるということ

1月12日(火)
 昨日は娘の成人式に出席してきました。何度も松戸市の成人式に行っていますが、関係者と一緒に出席するのは初めてでした。
 成人になったばかりの人について、これまでは漠とした把握しかできませんでしたが、娘が育ってきた時代は私が子育てをした時代とも重なるだけに、よく分かります。平成になったばかりで誕生し、バブル崩壊の影響をモロに受けた中で育ってきた世代、いわば日本経済が下降線を辿ったなかで育った世代といっていいでしょう。
 そして、また今、不況の最中で求職活動をしなければならない。結構厳しい世代です。それだけに、今年の成人は浮ついたところがなく、地に足がついているのではないかと、親のひいき目でしょうか、見えてしまいます。
 20歳と言えば、これから未来が無限に開いています。何にチャレンジするにせよ、時間は十分あります。万が一失敗しても、再度チャレンジする機会があります。悔いのないように、自分が満足いくまで、チャンレンジしてほしいと思います。
 昨日は、その後、日テレの「太田総理」の収録がありました。この番組に出るかでないか、昨年悩みました。バラエティに政治家はでるべきではないと、周囲に言ってきただけに、自分が出るべきか、主張を通して断るべきかで考えました。
 その結果、他の人間が出るより自分が出て、国民が民主党を誤解しないようにきちっと主張するべきではないかという結論に達しました。それでも、テーマは毎回、民主党に対して極めて厳しいものです。ちなみに昨日は「小沢幹事長はでしゃばりすぎだから、辞めるべきだ」というものでした。
 私はこの主張に対して、次のように答えました。
「新人教育を行うのは別に悪いことではないし、それが議員辞職に値するものではもちろんない。訪中の人数が多すぎるという批判があるようだが、強制的に行かされた訳ではなく、自主的に行ったもの。中国は日本にとって重要な隣国なのでまず新人が訪問するということは意義深いこと。新年会は誰でもやっていること。そこでご乱交があったというのなら批判してもいいが、別に正月行事としてやっていることを批判してもしょうがない。」

政治と金の問題について
「政治活動にはお金がかかるのは事実。国民に活動内容を知らせようと努力すればするほど、お金もかかる。党から支給される活動費では賄えないのは事実なので、みんな政治活動を強化するために資金集めもしている。大事なことは集めた資金をきちんと公開して国民の皆様の理解を得ることだ。
 今回の小沢幹事長の政治資金の問題はまだ、私も国民も十分に理解はしていない。説明責任をきちんと果たすべきだと思う。しかし、まだ捜査が継続中であり、ここで小沢幹事長が発言をすれば捜査に影響が出る危険性もあると、小沢幹事長は判断しているのではないか。捜査が終了したら、幹事長自らがきちんと説明してくれるものと確信している。
 個人献金をしやすくするように税制改正をするべきだ。企業・団体献金はどうしても利害が絡んでくるので、きちんと禁止するべきだ。」

権力の二重構造ではないかということについて
「政権与党が内閣を構成するのだから、政策を決定するに際して、与党が提言することは当然のこと。ただ、民主党としての政策の取りまとめは従来、政策調査会が担当していたが、政権を取ってから政調が無くなってしまった。したがって、どこが政策を決定するのか分からなくなっている。そこで幹事長が党の意思として、政策の調整を図っているというのが現状だ。いずれ、21世紀に相応しい党としての政策決定機関を作らなければいけないと思っている。
 鳩山総理はきちんとリーダーシップを発揮して民主党らしい政治を実現してほしい。また、小沢幹事長は新しい政党像を皆の前に示してほしい。」
 というのが私の考え方です。討論番組ですので、この通りに答えられた訳ではありませんが、発言の趣旨は以上のようなものです。詳しくは金曜日の放送を見てください。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー