記事一覧

今年最後の一言です。

12月28日(月)
 大変長い間、この欄を書くことが出来ずに申し訳ありませんでした。12月の上旬は幹事長室で毎日、県知事や市長さんからの陳情を受け付けておりました。何しろ15分ごとに新しい陳情団がやってきて、それを捌くのにお昼を食べる時間もないような状態でした。 
 さらに、来た陳情を、すぐに実施するべきとか、すぐにではなくても実行に移すべきとか、当面は予算をつける必要はない、という評価をしなければならず、こちらも時間がかかりました。
 私は防衛省担当でしたが、人数が足りないということで国土交通省の陳情も担当しましたので、より多くの時間を陳情対応に割かなければならず、気にかかっていたのですが、一言が書けなかったという次第です。
 その後、14日から17日まで中国政府の招きで北京、上海に行ってきました。私は5年前に日中経済交流促進議員連盟を作り、その事務局長になりました。今回復帰して再び、事務局長になりましたので招かれたというわけです。
 北京では中国対外連絡部の副部長(日本の副大臣に相当)と中国対外連絡部経済センターの所長、さらに商務部の局長らと会談をしてきました。また、上海では来年行われる万博の会場を視察してきました。もう準備は大方整い、日本館も完成していました。
 次いで20日から27日までフィリッピンのマニラ、シンガポールを訪問しました。マニラは12年ぶり、シンガポールにいたっては実に20数年ぶりの訪問となりました。
 マニラでは北部でココナッツから油をとり、それを軽油に変えるプロジェクトを視察しました。ココナッツを植えることでCO2削減ができ、かつ再生可能なエネルギーとしてココナッツ油が利用できるということでフィリッピン政府としても期待しているプロジェクトということでした。
 また、シンガポールは自然保護運動と、観光開発として取り組んでいるカジノ建設を視察しました。東京都の23区と同じ面積でありながら、自然をきちんと残しながら開発している現状の説明を受けました。
 短期間のうちにアジアの主要な国を見てきましたが、もっとも印象に残ったのが、どの都市も元気で活気にあふれているということでした。ちょうどクリスマスということで、活況を呈していた面もあるでしょうが、それを除いても、日本よりはるかに元気なことは間違いありませんでした。
 中国は日本の30年前と同じように先進国へ追いつき追い越せというエネルギーが、マニラでは昨日より今日がよくなるという希望や期待が、エネルギーになっているのではと感じました。
 一方、今年、一人当たりのGDPで日本を追い抜いたシンガポールは何をエネルギーとしているのか。ここは持ち家率が90%を越え、しかも平均のベット数が4部屋を越えるという、いわば既にほしいものは手に入れたという都市国家です。
 シンガポールに活気がある原因が分かれば日本でも応用できると思い、いろいろ聞いてみましたが、残念ながら短期間の滞在で、本当のところは分かりませんでした。
 シンガポールは小さい国家なので国民の管理が徹底しています。本来であれば息苦しいはずですが、少なくとも表面上はそうなっていない秘密を次に行ったときには探ってみなければと思っています。
 これで今年の「今日の一言」は終了です。一年間、いろいろなご意見を頂きまして本当にありがとうございました。全てに返事を書いたつもりですが、もし漏れがあったらご容赦下さい。
 それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

2009年12月28日 生方幸夫

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー