記事一覧

臨時国会は今週いっぱい

12月1日(火)

 先日行われました市川市長選挙では、私たちが応援していた高橋亮平候補が残念ながら僅差で敗北してしまいました。
 敗因は政治活動期間が短かったということに尽きます。高橋候補は民主党の公募の結論が出るまで、じっと待っていてくれました。民主党が結論をなかなか出せなかったことが出遅れにつながり、結果的に負けにつながってしまいました。候補者を公募した立場としてお詫びしなければなりません。
 それにしても投票率が30%以下とは情けない限りです。前回より増えたといっても三人に一人も投票に行かないというのでは、市川市政が良くなるはずがありません。こんなことを言ってはいけないのかもしれませんが、投票に行かなかった市民は無責任です。
 民主党は地方に財源も権限も大幅に移譲する地方主権を推進しています。その前提は市民が地方自治に関心と責任を持つことです。それがなければ財源が無責任に使われてしまう恐れがあり、地方主権どころの話ではありません。
 誰がなっても同じだとか、選ぼうにも適任者がいないなどという反論がすぐ返ってくるかもしれません。しかし、それならば自分たちが相応しい候補を見つける努力をしなければいけません。何もしないで、投票にもいかないのでは、民主主義は成り立ちません。
 来年には松戸市長選挙が行われます。市川市の教訓をしっかりと受け止めて、市民が主役の政治を実現しなければなりません。
 国会も今週で終了することが決まりました。先週からこじれてしまい、結局、自民党は単独で審議拒否を続けています。審議拒否はいかんと言っておきながら、自分が審議に参加しないのは何とも無責任です。
 でも民主党も決して褒められたものではありません。最初に強行的にでなければ、こんなことにはならなかったはずです。せっかく政権交代をしたのですから、国会もこれまでのように昔からの慣習に囚われることなく、新しいルールを作っていかなければいけません。
 私は副幹事長として毎日、全国から来る知事さんや市長さんの陳情を受け付けています。新幹線から道路まで、地方にとってはいかに重要か、真剣に聞いています。予算がいくらでもあれば問題はないのですが、ない中で、どう優先順位をつけていけばいいのか極めて難しい判断です。今後、幹事長室で党として陳情の優先順位をつける“仕分け”をすることになっています。
 行政刷新会議ほど注目をされてはいませんが、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー