記事一覧

大胆な景気対策を早く打ち出すべきだ

11月24日(火)
 市川市長選挙が22日から始まりました。私は高橋亮平候補の出陣式に出席をしました。人が少ないのではないかと心配していましたが、たくさんの支持者の方が来てくれて安心しました。
 とはいっても、選挙戦の厳しさに変わりはありません。民主党系の三人の候補が競り合っている状態です。私は「古い市川市政を続けるのか、新しい市川を作り上げるのかの戦いだ」と述べ「高橋君の若さと実行力に期待する」と挨拶しました。
 他の二候補はおかしな状態になっています。一人は民主党の公認県議であったにもかかわらず、自民党の前衆議院議員の応援を平然と受けています。また、もう一人の候補は公然と現千葉市政の後継を名乗っています。
 もともと民主党は、この選挙は千葉市政ではダメだということから始まったはずなのに、いつの間にか、千葉さんが後継指名した候補を応援している人が民主党内にいるという異常な状態が出現してしまいました。こうなってくると、民主党の支持者であれば、民主党員である高橋君を応援する以外に選択肢はないと思います。
 選挙戦はたった一週間しかありません。その間にどれだけ市民の関心を高められるかが焦点です。前回の投票率は25%を切るという惨状でした。これをどれだけ上げられるかに、高橋君の勝利はかかっています。10%上げられれば、勝利することができると考えています。どうか市川市に在住の方は投票に行こうと呼びかけて下さい。
 ところで、国会は先週の木曜日から不正常な状態になっています。財政金融委員会でいわゆるモラトリアム法案を、審議を打ち切って採決したことが、混乱の原因です。民主党が与党になってから初めての国会で、多少、無理な運営があったようです。おかげで、今日まで全ての審議がストップしてしまいました。どこでどう決着したのか不明ですが、明日から正常どおりの審議に復帰するそうです。
 強行採決といい、官邸機密費を一切明らかにしないと言っておきながら、早くも1億2千万円支出したことを報道陣に明かすなど、民主党らしからぬ、逆に言えば自民党と同じようなことを民主党がしていたのでは、国民の支持が離れてしまうのではないかと心配です。
 とりあえず、今日発表の世論調査では事業仕分けが高く評価され、支持率は上がりました。しかし、これで安心してはいられません。年末にかけてしっかりとした景気対策をすばやく打ち出すことが重要です。
 政府がデフレ宣言をしなければいけないほど景気は再び悪化の兆しを見せています。不況の原因は30兆円とも言われる需給ギャップです。30兆の需要を喚起させるためには、相当思い切った、政策を打たなければなりません。
 10兆円規模の景気対策を打ち、30兆円の需要を作りださなければなりません。それには何がいいのか。全ての学校に太陽光パネルを設置するとか、子育て支援資金を前倒しで一年分支給するとかいう、大胆な政策が求められています。かつて我々は自民党の景気対策を「ツーリトル、ツーレイト」と批判しました。今度はきちんと早めに、大胆に打ち出す必要があります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー