記事一覧

民主党への期待の大きさ

10月20日(火)
 18日に久しぶりに「市民フォーラム」を開きました。初めての方も含めて、たくさんの人に出席して頂きました。これまでずっと事務所の大会議室で行っていましたが、もう入りきれなくなったので、次回からはもっと大きな場所を借りて行おうと思っています。
 参加者の多さを見ても、いかに民主党政権に対する期待が大きいか分かるというものです。民主党の政府・与党の一体運営について、その仕組みと問題点。また与党の議員の意見をどう政府に反映させるのか、国会の議論はどう変わるのかなどについて話しました。
 また、中国訪問についても話しました。日銀の北京支店長が「中国政府は日本の政権交代に衝撃を受けていた。あのように長く続いた自民党政権が、あまりに簡単に倒れてしまい、共産党政権とて未来永劫安泰ではない、という意味で衝撃を受けていた」ということです。私は、自民党より民主党政権の方が近いので中国政府は喜んでいるとばかり思っていましたが、意外な反応にびっくりしたという話をしました。
 参加者からは子育て支援について、所得制限を設けるべきだという意見や、マニフェストにあまりこだわることはないという意見、政府の無駄を徹底的になくしてほしいという意見などが出されました。
 政府予算を徹底的に削減するためには、政策的経費だけでなく人件費などの固定経費にも切り込まなければならない。しかし、今回は政権交代してから時間が余りにないので、次年度予算からしか本格的な無駄の削減はできないという話をしました。
 熱心な質疑応答であっという間に2時間が過ぎてしまいました。
 ところで、今日は神奈川の参議院補選の応援に行ってきました。妻の実家がある松田町の隣の秦野市を回ってきました。夏の衆議院選挙の余韻が残っているのでしょうか、引き続きの選挙にもかかわらず、多くの方が手を振ってくれたことには驚きました。ここでも民主党政権に対する期待が大きいことを再確認しました。それだけ、民主党は大きな責任を担っているということです。あの反応を見る限り、神奈川は心配ないと思います。
ファイル 291-1.jpgファイル 291-2.jpg
ファイル 291-3.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー