記事一覧

5千年の歴史の中の建国60周年式典

10月6日(火)
 9月30日から3日まで中国に行ってきました。1日に行われた建国60周年の記念式典に出席してきました。民主党からは私と海江田万里さん、自民党からは加藤紘一、野田毅、高村正彦さんらが参加しました。
 式典の模様はテレビニュースで報道されましたから、ご覧になったかたも多かったと思います。私は10年前の50年式典にも参加していますので、二回連続の出席ということになりました。前回もパレード当日は見事な晴天でしたが、今回も1、2、3日とも快晴で、北京市内から周辺の山岳地帯が見えるほど空気が澄んでいました。
 報道されていましたように、大変な警戒ぶりでした。軍事パレードが行われた1日は北京首都空港が封鎖されました。また、パレードが行われた天安門広場や長安街というメインの道路や周辺地区一帯は参加者以外すべて立ち入り禁止になりました。参加者もホテルに入るとき、出るときに厳しいボディチェックを毎回受けました。
ウィグルでの暴動や様々な国内問題を抱え、万が一のことがあったら大変と当局が心配した結果だと思います。
 こう書きますと、さぞ北京は緊張していたのかと想像されるかもしれませんが、式典が行われた翌日にはたくさんの市民が天安門広場につめかけ、記念写真を撮る姿が見られ、ごく普通に休日を楽しんでいる光景が見られました。
 中国でも日本と同様に格差が広がっています。しかし、日本と違う点が一点あります。日本の場合は一部の金持ちは更に金持ちになり、金がない人はもっと金がなくなると言う格差の拡大でした。中国は確かに金持ちは極端な金持ちになっていますが、金がない人も以前よりは収入が増えています。結果として格差は日本より大きいかもしれませんが、上下に開くのではなく、上向きの二本の線の間が拡大しているという
のが現状です。
 格差は拡大していても、国民全体の不満にまで至らないのは、これが原因だと思います。また、悪いといっても中国経済は依然として7~8%の成長と続けており、成長してさえいれば、誰にも可能性があることが、中国全体を活気ある社会にしているのだと思います。             
 10年前はメイン道路は綺麗だが、一歩中に入ると混沌と混乱が待っていました。しかし今回はオリンピックを経て、プートンといわれる路地まで整備されつつあるのが印象に残りました。暗い路地の中に突然、民家をそのまま残したおしゃれなパブが出現し、たくさんの外国人が楽しんでいる、また、上海並みの高層ビルがたくさん出現していることも10年前には見られなかった光景でした。いまや中国は日本の最大の貿易相手国です。これまでは私もお客さんとして中国に行っていましたが、与党ですから、これからは交渉役として頑張らなければいけません。

ファイル 288-1.jpg ファイル 288-2.jpg
ファイル 288-3.jpg ファイル 288-4.jpg
ファイル 288-5.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー