記事一覧

自民党の前回のマニフェストは落第点

8月3日(月)
 土日は街頭演説を中心に選挙活動を行いました。梅雨が明けたというのに依然として天候が不順で、雨の中で演説をすることも度々でした。選挙期間が長すぎて、有権者の皆様が飽きてしまうのではないかと心配していましたが、実際に、「いい加減に早くしてほしいわよね」という声を聞きました。
 こればかりは私たちの手ではどうしようもありません。麻生さんが少しでも庶民の生活が分かっていれば、夏休みのこの期間に選挙を行うなどという愚挙をするはずがありませんでしたが、これもいまさら言っても仕方がありません。
 私たちは駅頭で毎回新しい新聞を配っているのですが、有権者の方には同じものと考える方が多く、残念ながら新聞の受け取りが少し悪くなっています。毎回変える努力はこれからも続けていきますので、どうか、もう読んだということではなく、新しい内容になっていますので、受け取っていただきますようお願い致します。
 さて、今日の新聞に自民党の4年前のマニフェストについていろいろな研究機関が検討した結果がでていました。どの研究機関も合格点の60点以下でした。私たちはどうみても20点程度だと思いますが、専門家や経済同友会までが落第点を出していることは重要です。
 本当なら落第点を出されたら自ら政権を返上するというのがマニフェストのルールです。
 最低でも、自民党自身が新しいマニフェストを出す前に、自ら4年前のマニフェストを点検し、なぜ、マニフェストが実施できなかったのかを総括した上で、新しいマニフェストを作るべきだったと思います。
 民主党は次回の選挙の際は、前回(すなわち今回)のマニフェストをどれくらい実施できたのか、できなかった項目はどこか、なぜ実施できなかったのかの分析、そうした反省を込めて新しいマニフェストの提示という手順をしめさなければいけないと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー