記事一覧

「準備のできた野党などない」

7月15日(水)
 自民民党は古賀選対委員長が辞任すると言い出したり、両院議員総会を開いて総裁選挙をしろと、まだ内部対立が続いています。それほど、麻生さんの下で選挙をしたくないのだったら、出て行って新党を作るべきだと思いますが、それもできない。
 「なぜいま解散か」という意見も出ているようですが、任期は9月10日までなんですから、いましなければ、単純に任期満了選挙になるだけです。その方がいいというのでしょうか。それとも総裁選挙のために臨時国会を開き、さらに政治空白を作ろうとしているのでしょうか。全く、反麻生の動きをしている人たちの意図が分かりません。その中に、良識派と思われていた加藤さんが含まれているのは驚きです。
 一方、麻生さんは民主党には政権を担う能力がないと繰り返しています。今日の朝日新聞にビル・エモットさんが「準備のできた野党などない」という意見を寄せております。いわく「民主党に政権担当の準備は整っているのか、と誰もが問う。間違った質問だ。そんな用意ができていた野党など、どこの国にもない。(中略)野党議員であることと閣僚であることはまったく異なる仕事だ。民主党は英保守党のように政権奪取直後から、とにかく仕事を覚えなければならないというだけのことだ。」
「政権党になれば、政策を選択し、優先順位をつけて、限られた資金をどうすれば最も有効に活用できるか答えを出さなければならない。有権者もメディアも民主党も、実際に政権を取るまでは、どんな優先順位でどんな選択を行うのかわからない。」
 運転免許を取り立てのときに、誰もがハンドルを握るときに不安を感じます。しかし、その時をクリアしない限り、誰もベテラン運転手にはなりません。いまの自民党は、もう酩酊運転の状態です。だから新人でも、しっかりした運転手に変わる必要があるのです。
 ビル・エモットさんは「民主主義はよい政府を実現するための方法ではない。むしろ、説明責任を導き出したり、悪い政府を罰したりするための方法だ。」と述べています。自民党の運転手の下では国民は安心して車に乗っていられません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー