記事一覧

小田実さんを偲ぶ

 作家の小田実さんが一昨日亡くなりました。阪神淡路の大震災の後、「被災者支援法」の設立に熱心に取り組んでいた小田さんと国会で何回もお会いしました。当時、民主党は個人補償はするべきではないという意見が一部にあり、全面オメガ スーパーコピー的に被災者支援法に賛成できる体制にはなっていませんでした。
 私は被災者支援法を作らなければいけないという立場をいち早く表明していましたので、それを見た小田さんが被災者のみなさんを連れて議員会館に訪ねてきたのが最初でした。そのあと2年くらいに渡って何回も集会や議員会館で話し合いをしました。
 小田さんはべ平連の市民活動家として活躍し、そのあと予備校の舎監をしたり、マスコミで評論活動をしたり、作家として小説を書くなどさまざまな顔がありました。
 もともと政党などの組織が嫌いで、自立した個人が活動してこそ力になるという考えの方でした。だからあまり政党に頼りたくなかったのでしようが、法律を作るためにはどうしても政党の協力が必要ということで割り切って、訪ねてきてくれたものと思います。
 私もどちらかというと組織よりも個人を重視する派なので、意見が一致し、一緒に被災者支援法設立のために運動しました。市民が立案した法案を実際に法律にするのは気の遠くなる作業が必要です。被災者の方が乏しい資金の中から何回も何回も上京してきました。その都度、小田さんは同行してきました。スーパーコピー有名作家が地道に取り組んでいることに驚きもし、かくあるべきだと感動しました。
 小田さんたちの努力で被災者支援法は不十分ながらも成立しました。それ以降、お会いする機会がなく、毎日新聞で闘病記を見て心配していましたが、帰らぬ人となってしまいました。関西の大空襲を経験したことが活動の原点にあったということです。
 薄っぺらなコメンテーターが多い中、発言に重みのある人でした。「9条の会」の主要メンバーとして9条を世界に広めなければいけないといっていた小田さんの意思を私はしっかりと受け継いでいかなければと決意しています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー