記事一覧

せめて引き際はきれいに

7月10日(金)
 麻生さんは念願のサミット出席を果たしました。すぐに辞めると分かっている首相と会談をするほうもたいへんだと思います。一応、オバマ大統領やメドベージェフ大統領とも会談をさせてもらったようですが、当然のことながら何の成果も得られませんでした。
 厳しい世界経済状況の下、各国首脳が厳しい表情の中、一人悦に入って終始笑顔の麻生さんが浮いて見えたのはむなしい限りでした。日本としての主張を何も持たない麻生さんが会議に出ることは、かえって国益を損ねることになります。
 さて、明日は都議選の投開票です。各種世論調査をみれば民主党の勝利は間違いないようです。麻生さんはどうでるか。人事もできなかった麻生さんですから、解散はできないと思います。例によって、地方選挙は国政とは関係ないと、何の決断もしないで、再び政権にしがみつこうとするはずです。
 そうであれば、民主党がやることは一つです。堂々と、麻生内閣不信任案を提出することです。もうとっくに国民から見放されている内閣ですから、不信任案を出すのは当然です。麻生降ろしを声高に主張している自民党議員がどうでるか、注目です。恐らく、平気で麻生内閣を信任して、また麻生降ろしに走る、ということになると思いますが、そういう無定見ぶりが見られるだけでも、成果はあると思います。
 それにしても、また自民党内では解散を先延ばしするべきだという意見が高まっているそうです。内閣が機能していないのに、ひたすら延命を図るのは、国民にとって迷惑以外のナニモノでもありません。
 半世紀以上も政権を担ってきた伝統のある政党であるのなら、せめて引き際だけはきれいにしてほしいものです。このままいけば、政権交代が起こっても、しばらくは自民党政権末期の後始末に時間を割かなければならなくなってしまいます。自民党の将来のためにも、一刻も早く、きれいに総選挙を行うことが大事です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー