記事一覧

不信任案をいまこそ提出するべきだ

7月6日(月)
 昨日、行われた静岡県知事選挙で民主党が勝利しました。民主党が二つに分裂していても勝つということは、全国的に、政権交代を期待する声が定着していることを示しています。このままいけば政権交代間違いないのですが、勝てば勝つほど、自民党は逃げ惑うというジレンマがあります。
 各種世論調査を見れば、都議選も勝利することは間違いありません。自民党は麻生降ろしを加速させることが予想されます。不信任案を出せば麻生降ろしに手を貸すことになる、という意見もあるようですが、これほど国民の意思を踏みにじっている内閣は過去になかったのですから、堂々と不信任をするべきです。
 不信任案に自民党のみなさんが賛成するもよし、麻生さんを信任するでもよし、とにかくいまの事態を動かさない限り、自民党ペースでことが運んでしまいます。このままいけば10月まで選挙を延ばすなどということも考えられます。
 権力をチェックするマスコミが、きちんと自民党による政治の私物化を許すなと言ってくれればいいのですが、政権交代で、自分の地位が危ないと考えている社内権力者が、びびって、その機能を十分果たせなくなっています。
 国民の皆様がデモでもしてくれればいいのですが、最近、デモなど滅多にありませんから、ダメでしょう。だから民主党が不信任案をだすしか方法はありません。これ以上、政権不在の状況を許してはいけません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー