記事一覧

またもや麻生さんの一人芝居

7月2日(木)
 死に体の麻生さんが内閣改造を実施しました。本当にあれを内閣改造というのでしょうか。間近に選挙が迫っている今の時期に大臣になっても、国会も休業状態で、さぞ指名されたほうが困っているのではないでしょうか。
 なぜ改造したのか。理由は「俺は改造もできるのだぞ」という麻生さんの見栄以外のナニモノでもありません。麻生さんらしい、子供っぽさが、また現れたわけです。実際には、やっても何も意味のないものを、さも自分にまだ力が残っているということを示すために行う、判断力もなにもありません。
 こんなつまらない人事のために、マスコミはほぼ一週間引きずりまわされました。タレント知事がしたり顔で連日テレビにでてくるのにも、いい加減うんざりです。一体いつまでこんな空騒ぎをしているつもりでしょうか。
 自民党の唯一の望みは民主党のオウンゴールだそうです。その一つとして鳩山代表の献金問題が取り上げられています。確かに、変な話ですが、おそらくお金がありすぎるが故におきた事件だと思います。
 個人献金を集めるには、いろいろな方面に顔をだし、頭を下げなければなりません。鳩山代表は資産家ですから、本当ならそんな必要はありません。秘書が、そう考えて勝手に人の名前を借りて個人献金があったように見せかけたというのが真相ではないでしょうか。
 虚偽記載であったことは事実ですから、率直に謝るしかありません。ただ、この事件が代表を辞任するに値するかどうかといえば、私は、決していいことだとはいいませんが、そこまでする必要はないと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー