記事一覧

決断できない総理の悲劇

6月19日(金)
 最近は麻生さんの顔がテレビで映ると、反射的に他のチャンネルに回してしまいます。党首討論を聞いていても、本当にこの人はきちんと物事を考えているのか、総理として何かしたいことがあるのか、全く見えてきません。
 総理になってはしゃいでいる、子どもじみた表情を毎日見せつけられているのも限度があります。政治家にとってもっとも大事な、決断をするということができない人が総理になっている恐ろしさを最近感じます。
 幸いなことに、緊急に決断をしなければならない事案が発生していませんから、いまのところさしたる被害も出ていません。しかし、緊急事態が発生しても恐らく麻生さんは、その事態の性質も理解できずに、判断を先延ばししてしまうのではないかという危惧があります。そうなれば国民に重大な被害が及びます。
 その麻生さんですから、解散などという決断をできるわけはありません。このままズルズルと会期末までいってしまうのではないかと思います。この間に静岡知事選と、東京都議会議員選挙がありますから、この二つの選挙に敗北をすれば、恐らく麻生下ろしが始まり、また自民党総裁選が行われることが予想されます。
 いくら末期政権とはいえ、これほど政治を私物化した例は過去にないのではないでしょうか。もっとも大事な総選挙を負けるという理由で先延ばしし、国民そっちのけで何度も総裁選を行う、自民党もとんでもない政党になってしまいました。
 自民党総裁選実施のためにいまの延長国会終了後に、再び臨時国会を召集するなどということも報じられています。座して死を待つよりも、打って出て死んだほうがいい、などということを言っている自民党議員もいるそうです。国権の最高機関である国会を一体なんと心得ているのでしょうか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー