記事一覧

政権末期、3人目の大臣辞任

6月13日(土)
 昨日、鳩山総務大臣が罷免されました。麻生内閣が誕生してから3人目の大臣辞任です。前回、酩酊会見で辞任した中川昭一前財務大臣、前々回、失言で辞任した中山成彬前国土交通大臣、そして今回の鳩山さん、これ以外に女性問題で失脚した鴻池祥肇官房副長官もいました。
 この4人に共通しているのは、麻生さんのお友達で仲良しだということです。能力とは関係なく大臣あるいは副大臣に任命されたから、たいした仕事もできないうちに、無残にその座を失ったといっても過言ではないでしょう。
 鳩山邦夫さんの場合も、西川社長の辞任要求は当然としても、余りに選挙を意識したパフォーマンス色が強すぎ、国民の皆様の共感を呼ぶことができませんでした。本当に西川社長の責任を追及するのであれば、きちんと財務大臣や官房長官と話し合うべきなのに、それをしないで、もっぱらマスコミ相手に大きな声を張り上げてばかり。これではだんまりを決め込む西川さんと変わりません。
 それにしても麻生さんの決断力のなさには呆れます。閣内不一致なのですから、一致させるように鳩山さんを説得するか、それが不可能なら罷免する、二つに一つしか結論はありません。一日で判断できる問題を何日も放置しただけでも総理の資格はありません。
 さて、明日は千葉市長選挙です。民主党の推薦候補の優位は変わらないようです。これで政権交代の流れが確実なものになると確信しています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー