記事一覧

足利冤罪事件、救いは菅家さんの笑顔

6月5日(金)
 麻生内閣の迷走が続いています。先日は自分から言い出した厚生労働省分割について、そんなことはもともと言っていないと撤回。今度は世襲制について、当初は次の選挙からといい、ついで次の次に修正し、結局、実施は見送りにしてしまいました。
 あまりに無責任というしかありません。民主党が約束した企業・団体献金の禁止については、結局、自民党として何をやるのか、一切言及しないで終わってしまいました。もちろん、大事な企業献金を自民党が禁止できるはずなどありません。
 そして衆議院ではもう審議する法案すら無くなってしまいました。参議院の審議も6月中には全て終わってしまいます。麻生さんは、この先も総理の座にしがみついて一体、何をやるつもりなのでしょうか。
 サミットにどうしても出たいというのなら、出るだけ出て、速やかに解散するしかもう、道はありません。もっとも聞く耳を持たない麻生さんですから、きっと何も決断は出来ないでしょう。やはり誰かがレッドカードを出さないとダメです。
 さて、昨日、足利事件の犯人にされ無期懲役が確定して服役していた菅家さんが釈放されました。DNA鑑定で被害者についていた体液のDNAと菅家さんのものとが一致しないことが確認され、再審判決を待たずに釈放となりました。
 17年半もの間、無実の罪で獄舎に繋がれていた菅家さんの心中を推し量ると、胸が詰まります。間違った裁判で一生を棒に振ってしまった。いくら謝ってもすむものではありません。
 足利周辺ではこの事件以外にもあと二人の女児が殺されています。冤罪は無実の人に罪を押し付けるだけでなく、本当の犯人を採り逃してしまうという二重の罪です。警察や検察は真摯に反省し、どうしてこんな冤罪が起こってしまったのかきちんと反省しなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー