記事一覧

党首討論、非難と批判の違い

5月28日(木)
 昨日、鳩山新代表と麻生総理の一回目の党首討論が行われました。地元を回っておりましたので、生中継は見ることはできませんでしたが、ニュースで大体のやり取りは把握しました。今日の新聞はどっちが勝ったとか、具体性がないとか、勝手な論評を加えていました。
 どうも日本の新聞は最近、批判と非難を間違えているのではないかと思います。簡単に言えば、非難は対象を一方的に罵倒する行為をいい、批判は対象を客観的にかつ冷静に見て、その行為や言動が適切だったかどうかを論じることをいいます。
 昨日の討論でいえば、麻生さんは非難に終始し、鳩山さんは適切な批判をしたといえば、ちょっと言い過ぎでしょうか。
 非難をされれば誰でも不快な思いをします。しかし、適切な批判は権力をチェックするには欠かせない機能であり、マスコミが批判精神を失ってしまったらその存在意義をなくしてしまいます。
 そうした観点から昨日の党首討論についてのマスコミの論調をみますと、大体8割が中身が乏しいとか、論議がすれ違っていたとか、野次がうるさいとかいう非難でした。これに対して、鳩山代表は「自民党は官僚を中心とした中央集権型のタテ社会であったのに対して、民主党は国民、生活者が主役のヨコ社会を目指す」と、明確な論点を示したというまっとうな批判が2割程度でした。
 ダメだダメだといったのでは政治は育ちません。いいところは良かった、悪かったところは悪かったときちんと批判してこそ政治は育ちます。国民が政治を知るのはマスコミを通してが主です。そのマスコミがこぞって政治を非難していれば、国民も政治に愛想が尽きてしまいます。
 その結果、投票率が下がって、結局、自民党政権が半世紀以上も続いてしまいました。マスコミ間でも同じように非難ばかりで、なかなかお互いが批判をしあうということがありません。それが日本のマスコミをダメにしました。批判と民主主義は一体のものです。残念ながらまだまだ日本には民主主義は根付いていないようです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー