記事一覧

もし鳥インフルエンザだったら・・・政府の対応のまずさ

5月19日(火)
 民主党の新執行部が決まりました。岡田幹事長、小沢代表代行以外は大きな変化はありませんでした。これまで小沢体制の下、選挙を戦ってきたのですから、これでよかったと思っています。
 ただ、鳩山代表には小沢傀儡との批判がつきまとっていますから、小沢前代表はあまり表にでず、あくまでも縁の下の力持ちで、選挙の応援に徹してほしいものです。
 各種世論調査を見ても、民主党に対する期待が戻ってきています。私も毎日、地元を回っていますが、「政権交代をして」という声を再びたくさん聞くようになってきました。今度こそ、この勢いのまま、総選挙に突入したいものです。
 さて、新型インフルエンザが広がっています。修学旅行が直前で中止になってがっかりした中学生が報道されていました。政府は水際作戦と称して空港で大規模な防疫体制をとってきましたが、全く効力がなかったことが証明されてしまいました。
 今回、政府がとった対応は鳥インフルエンザと同じものでしたが、これでは本当の鳥インフルエンザが流行ったら、防ぎようがなかったわけで、なんとも頼りありません。その逆に、対応だけは鳥インフルエンザ並みでしたから、大きな社会的影響がでています。
 鳥インフルエンザは強毒性ですが、今回の豚インフルエンザは弱毒性です。それを鳥インフルエンザと同じ対応をしたのですから、社会的混乱が起こるのは当たり前です。全く危機管理がなっていないことが、よく分かります。
 普通のインフルエンザと変わらないのであれば、あれほど騒ぐ必要はありません。会社を休業にしたり、学校を強制的に休校にするなどの処置は明らかにやり過ぎです。この不況の最中に、そんなことを続けていれば、経済がさらに落ち込んでしまうことは間違いありません。
 政府がやるべきことは、今の新インフルエンザが変異をきたした時に備えるべきで、現時点で騒ぎすぎれば、いざという時に、役立たなくなってしまいます。そういう面でも自民党内閣は失格です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー