記事一覧

党員・サポーターによる代表選挙を実施すべきだった

5月15日(金)
 民主党の代表選挙が明日行われ、新代表が誕生します。先月から私たちは党員・サポーターを募集しています。その時に必ず、代表選挙に一票がありますということを言います。
 それにもかかわらず、今回も、党員・サポーターの意見を聞くことなく、国会議員だけで、代表を選出することになりました。
 党の執行部の言い分は、補正予算案の審議中だから、早く代表を選出したほうがいいというものでした。これは表面上のことで、早く決めれば小沢代表の意中の人が後継に選べるからという思惑から出たものでした。
 間違えた判断だと思います。きちんとした代表選挙を今回こそやるべきでした。代表候補が全国を回って自分の政策を述べる。マスコミは連日、この動きを取り上げますし、民主党の政策を国民の皆様に訴えるこれほどのチャンスはありません。
 代表選挙はそのまま最大の衆議院の選挙運動となったはずです。また、党員・サポーターの皆様の意見を聞くということは、国民の意見を聞くということに他ならず、そこで選ばれてこそ、次期首相になる資格ができたのに、残念でなりません。こういうことが機敏に判断できる人がいないから、いま一つ民主党の支持が飛躍的に拡大しないのだと私は思います。
 小沢さんもお辞めになったのですから、後継者や選出方法について口を出すべきではありません。黙って縁の下の力持ちになって選挙のために頑張ってこそ、さすが小沢だという評価になったはずです。
 さて、後継者はどちらがいいのか。私は今回は岡田さんでいくべきだと思います。執行部はそのままにして代表だけを岡田さんにすれば、選挙への影響を最小にとどめることができますし、党内の亀裂を生むこともないでしょう。仮に、鳩山さんがなった場合も、幹事長を岡田さんにして、総選挙に臨むべきです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー