記事一覧

無責任の極み、麻生さん3度目の補正予算案

5月8日(金)
 連休明け、国会では補正予算案が審議されています。昨日、今日の予算委員会の審議を通して補正予算の実態が、明らかになってきました。もう麻生さんになってから、4度目の予算編成で、もうばら撒くものがなくなり、なんでもありの無責任予算となっています。
 その象徴が“基金”です。日本の予算は単年度主義ですから、一年で全ての予算を使ってしまわなければなりません。しかし、もう既に100兆円も予算を組んでいますから、各省庁もつける予算がなくなってしまいました。
 そこで困った挙句に、基金という奥の手を考え出しました。特殊法人や省庁で資金を基金としてプールし、単年度ではなく数年に渡って使おうという魂胆です。使途は決まっておらず、とりあえず自由に使えるお金を官僚が勝手に作ったというのが、この基金です。
 職業訓練所に行こうとしても定員オーバーで5~6人に一人しかいけないという悲鳴が上がっているときに、アニメ館建設に数百億円も使おうとしたり、勝手に基金を作ったりと、麻生さんの神経が分かりません。
 子どもたちに借金をして(赤字国債を発行して)、こんな無駄遣いをするなどということが許されるはずがありません。
 一度財政規律というタガをはずしてしまったら、もう後は野となれ山となれ、といった無責任ぶりです。この補正予算は、選挙前に残念ながら通過してしまいます。強い怒りを感じます。政権交代したら、麻生内閣の予算の無駄を徹底的に排する、予算の組み換えを早急に行わなければいけません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー