記事一覧

世襲禁止、献金禁止、官僚主導政治廃止の3点セットで勝利を

4月24日(金)
 民主党が世襲の全面禁止を打ち出しました。世襲制度が日本の政治を停滞させ、迫力のないものにして来たことは誰もが知っていることです。安倍、福田、麻生の三人の総理を見れば、世襲がいかに政治を悪くするか一目瞭然です。
 しかし、世襲議員が多い自民党では、この悪弊にメスを入れることはできませんでした。民主党にも世襲議員がいますから、これまで積極的に世襲議員の問題が論議されることはありませんでした。
 今回、ようやく、この問題で民主党が世襲禁止という画期的な決断をしました。
 民主党はこれ以外にも、企業・団体献金の全面禁止も打ち出しました。企業献金が政治を歪めてきたことは、これまた誰もが知っていることでした。しかし、実際の政治活動に資金が足りないということから、なんだかんだと抜け道を作って、企業献金ルートが残されてきました。
 全面的に企業献金がなくなれば、もう二度と、政治とカネの問題で、国会の審議時間が無駄に使われることはなくなります。
 世襲の禁止と企業献金の全面禁止が実行されれば、日本の政治は抜本的に変わります。これに官僚主導政治の廃止が加われば、それこそ革命的な変化が起きます。しかも、この三つはいずれも政権交代でしか実現できません。今日の駅立ちでもこの3点を強調して訴えてきました。
 これに小沢代表がしっかりと進退を決すれば、局面を180度転換することが可能だと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー