記事一覧

あなたが裁判員だったらどう裁いた━ヒ素事件死刑判決━

4月22日(水)
 昨日、和歌山ヒ素カレー事件で、最高裁で死刑判決が確定しました。この事件について詳しく知っているわけではありませんが、なにか釈然としない思いを抱いた人は私だけではないはずです。
 疑問の第一は、結局動機が解明されなかったことです。通り魔殺人でも、相手は誰でもよかったとしても、誰でもいいから殺したかったという動機があります。しかし、今回の事件では、当初、動機らしきものが様々報道されましたが、結局、どれも直接犯行に結びつくものと断定するには至りませんでした。
 犯人が特定されれば動機も解明されるというように考えるのが当然です。それが分からないということは、やはり事件の真相の半分が分からなかったということに他なりません。
 第二は、林真須美被告が犯人であるという予断がマスコミ報道によって、なされた可能性があるということです。もう11年も前の事件を多くの国民が覚えているということは、当時のマスコミがいかにたくさんの報道を垂れ流したのかということを示しています。
 これと同じような事件にロス銃撃事件がありました。最初から三浦氏が犯人という予断のもとにたくさんの報道がなされましたが、結局、最終的には銃撃事件では無罪となりました。
 両者に共通しているのは、容疑者と目されたひとのキャラクターです。いわゆるキャラがたつ人で、おもしろいからたくさんの報道が一斉になされるメディアスクラムが生じました。報道合戦の中で、いかにも黒っぽいことだけが繰り返し報道されれば、直接、捜査をするわけではありませんから、国民はみんな黒だと思ってしまう危険性があります。
 第三はこの事件は4人もの人が殺害されたという凶悪事件ですから、有罪であれば死刑になることです。怪しいけど確信がもてないから、無期懲役にしておこうという判断は許されません。万が一にも無罪である可能性があるとすれば、死刑を執行していいものかどうか疑問です。
 私は真須美被告が無罪だといいたいわけではありません。また、状況証拠を積み上げていって有罪にするということは社会正義上許されることだと思います。しかし、今回の事件は事件発生後から犯人逮捕に至るまで、ずっと衆人環視の中で行われました。それでも動機が解明できず、物的証拠も一つも発見できなかったということは、どこかにミスがあったのではないかと、懸念しているわけです。
 大事な家族をわけもわからず殺されたというのでは、とても遺族の方も納得できないでしょう。
 今後、真相が解明される可能性は残念ながら少ないと思います。なぜなら、最早、真須美被告自身が、自分が犯人であったのかどうかわからなくなってしまった可能性が高いからです。犯人であっても苦境を免れるために、自分を無罪だと思い込む事例も多々あります。また、本当に犯人でない確率も物的証拠も動機もはっきりしない以上、あることはあります。
 もうすぐ裁判員制度が始まります。もし、私が裁判員としてこの事件を担当するとしたら、一体、どう判断したのか。考えさせられました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー