記事一覧

小沢代表はもう一度国民に説明をするべきだ

4月14日(火)
 11、12日とマスコミ各社で世論調査が行われました。小沢代表については、辞めるべきだという数値が残念ながら増えてしまいました。麻生内閣の支持率は上がり、民主党の支持率は下がりました。
 先週、地元を回ってきましたが、全体として民主党に対してまだ支持は高いようですが、質がやや異なってきたような気がします。小沢献金問題がでる前は、今度こそ政権交代をしてほしいという有権者の強い意志が伝わってきました。
 しかし、最近は政権交代を望んでいることは同じだが、期待値がかなり落ちてきてしまったというのが偽らざる印象です。10の力で応援していたとしたら、いまは5か6の力で応援しているという感じです。
 こうした数値をみると、民主党は与党の思う壺にはまってしまった感があります。小沢代表が辞めれば、小沢代表に期待していた人たちが離反します。小沢代表がそのままなら、今度は小沢代表に批判的な人たちが離反します。
 献金問題で民主党は分断されてしまいました。一団となって政権交代を目指し、あと一歩というところでの逮捕劇は、自民党と官僚組織が一体となって、民主党に政権をとらせないために仕組んだ一種のクーデターではないかと思われるほどです。
 それだけに小沢代表が簡単に辞任するわけにはいかないというのも分かります。また、麻生内閣の支持率が上がったといっても、支持は25%程度、不支持70%前後という数字を、冷静に見れば、依然として国民の殆どが麻生内閣を見限っていることは紛れもない事実です。
 では、民主党はどうするべきか。国民の不満は小沢代表のこれまでの説明では納得できないということです。それならば、小沢代表はもう一度国民に説明をするべきです。そして理解が得られて小沢代表の支持率が上がれば自信を持って続投すればいいし、不幸にして理解が得られなかったら、清く辞任をし、新しい体制で選挙に全力で取り組むべきです。何もしないまま時間を空費することは許されません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー