記事一覧

北のミサイル発射を政権浮揚の具にするな

4月3日(金)
 北朝鮮が明日にもミサイルを打ち上げるのではないかと言われています。日本上空を通過ということで、日本政府は迎撃体制をとると連日報道されています。
 衛星に名を借りて、ミサイルの性能を世界に誇示しようとする北朝鮮の狙いは明らかです。すなわち、米国や日本に対して核と同じように交渉の札にしようとしていることが一点。もう一つは北朝鮮の唯一の“輸出品”であるミサイルの世界的な宣伝を、タダでするということです。
 日本政府が騒げば騒ぐほど宣伝効果は高まるわけで、その意味では日本政府はまさに北朝鮮の思惑通りに動いているといっていいでしょう。国政が行き詰ったときは海外に目を向けさせるというのが常道です。麻生さんも、このことを奇貨として大々的に迎撃体制を取り、国威発揚によって政権浮揚を目指しているのがミエミエです。
 北が打ち上げに失敗し、ミサイルの破片が日本に落下する危険があった場合には、MD網を使って打ち落とそうという意図のようです。失敗をする確率がどれぐらいかわかりませんが、万が一、失敗したとしても、実際にそれを打ち落とせる確率は、失敗する確率をはるかに下回ることは間違いありません。政府高官もピストルの弾で向かってくるピストルの弾を打ち落とすのは不可能に近いといっているのはその通りでしょう。
 北朝鮮がミサイルを打ち上げるのはもちろんけしからんことで、安保理できちんと処罰を論議しなければいけない問題です。しかし、ただ反発するだけでは核開発のときと一緒で、最終的にはやったもの勝ちになってしまいます。日本政府ももう少し知恵を働かせなければいけません。
 一番のポイントは北朝鮮政府と北朝鮮国民をきちんと別のものとして対応することです。最終的には北朝鮮の国民の力によって北朝鮮政府を倒させなければなりません。したがって、大事なことは北朝鮮国民に政府を倒せる体力をつけさせることです。
 しかし、どうやって体力をつけさせるのかというと、具体的には極めて難しい問題です。援助を増やしても政府が横取りしてしまえば何にもなりません。毒をもって毒を制するの譬えどおり、北朝鮮政府と交渉してきちんと北朝鮮国民の体力を高めるために効果のある援助をするということからはじめるべきだと私は考えます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー