記事一覧

政治資金規正法改正を民主党は約束するべきだ

3月9日(月)
 この週末、どのニュースや報道番組を見ても、小沢代表の件一色でした。どれもが秘書を逮捕した事実と、西松建設から献金が長期間、渡されたということを報じていました。西松建設側が献金の原資を偽のパーティを開いて集めていたとも報じられていました。
 西松建設側がどんな工作をしたとしても本来は小沢代表側には何の関係もないことですが、一緒に報道されれば、小沢代表側がそれに加担していたように思われます。
 大量の報道がなされた結果、今日の新聞各紙によれば、小沢代表は辞めるべきだという意見が過半数を超えました。時間をおけば、この数字は下がっていくかもしれませんが、小沢代表辞任への動きは、止めようもないでしょう。
 私は昨日、一日街宣をしてきましたが、今度の件について、とにかく国民の皆様にご心配、ご迷惑をかけていることは事実ですから、そのことは素直に詫びました。また、民主党はもともと政治と金をきれいにしなければならない、ということから出発している政党である、その代表がお金のことで疑惑を持たれたことは民主党の結党の理念とは離れている、またゼネコンから大金を受け取っていたことも、民主党の体質とは合致しないとも述べました。
 ただ、本来であれば、事務手続きのミスですむはずの件を、わざわざ秘書を逮捕まですることは、検察側の何らかの意図があったことは確かだとも指摘しました。次の日には与党が国民世論の多数をひっくり返す形で、7度目の衆議院再可決を行いました。
 この暴挙から国民の目を逸らす効果が、この逮捕にあったことは紛れもない事実です。ご丁寧に、暴挙の翌日に満面の笑みで給付金を受け取るお年寄りをテレビで映し出し、「民主党は悪、自民党は善」ということを“演出”しました。このことも厳しく指摘しておきました。
 その上で、私は、「民主党が政権をとったら、まず最初に、ザル法と言われている政治資金規正法を全面的に改正し、もう二度と政治とカネの問題で国民の皆様に心配をかけないことをお約束します。そのことによって国民の皆様にたいするお詫びとさせて頂きます」と発言しました。民主党の幹部も是非、言い訳ではなく、前向きに政治資金規正法の改正について発言してほしいと願っています。
 ただ、今日の世論調査の結果に出ているように、民主党支持者に大きな動揺はなかったようです。昨日もたくさんの励ましの言葉を頂きました。しかし無党派層にはもちろんマイナスが大きかったと思います。民主党に対する信頼を取り戻す意味でも、政治資金規正法の改正を約束することは重要だと思います。
 後は、小沢代表がどんな形で、今回の事件に決着をつけるかという点だけです。小沢代表ももともと代表の地位に連綿とするような人ではありません。ただ、こんな陰謀にはまったような形で辞任するのは無念だと思います。どんな形がもっともいいのか、ここはやはり小沢代表に判断してもらうしかありません。

ファイル 220-1.jpg ファイル 220-2.jpg
日曜日の街宣の様子

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー