記事一覧

予算補正の愚

3月3日(火)
 今日は雛祭りだというのに、冷たい雨が降っています。これから夜にかけて雪に変わると予報がでています。春まだ遠しという感じです。
 定額給付金をもらうことにした麻生さんだけがずっと頭の中は春のようです。要するに、麻生さんにとっては、全てが何でもいいんです。自分が総理の座についていることが最優先で、他のことは関係ないというのが麻生流なんでしょう。
 もう、いつ選挙とか政治向きの話は聞きたくないという意見が最近たくさん聞かれるようになりました。これこそが麻生さん及び自民党の狙いでしょう。選挙をしないうちに国民もすっかり疲れてしまい、肝心の選挙になったときには、もう「おなか一杯」と選挙に行かない人が増えてしまう。こうなれば学会の票を当てにしている自民党にとっては有利です。あきれ果てるというより、50数年も日本の政治に責任を持ってきたと思っている政党のやることではありません。
 まして、政治がすぐにやらなければならないことが山積みになっているときに、自分たちの延命だけを考えていることは自民党の歴史をも汚すことになります。
 自分たちが作った来年度予算が成立したばかりなのに、また、自分たちの手で補正予算を出そうとする。まさに自分で自分の政策が間違っていたということを証明する愚挙です。来年度予算の執行を3ヶ月か半年、前倒しして需要を喚起して効果を見る、それでも上手くいかなかったら、その原因をしっかりと分析して、補正予算を出す、というのが当たり前の話です。
 それをしないで補正を出すというのは、政権延命以外の何ものでもありせん。しかし、まだ自民党が政権をもっていますから、補正予算が出されれば、私たちの税金が、効果も分からないものに、またぞろ使われてしまいます。結局、借金だけが残るということになります。二重の意味で罪作りです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー